スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束の歌は いつまでも心の奥深くに響き渡る

深夜にこんばんはー。

今日は近所で夏祭りがありました。

仕事があったから、参加はしてないけど、今年も寄付だけしに行ってきましたー。

いいですね~、お祭りって。日本ならでは、って感じで。

「すっかり夏だなぁ。」って、しみじみしちゃいます。

でも、実は秋祭りの方が好きだったり(笑 

だってぇ、涼しいしぃ~、涼しいし、涼しいから(笑


お昼はおつかいのついでに本屋さんに行って、オリスタを買ってきました。

自分が行った16日のライブレポが「Book in Book」に大きく取り上げられてたので、なんか、すっごく欲しくなっちゃって。

オリスタさんは、ファンも信頼してる素敵な雑誌なのでね。

とっても素晴らしいライターさんが、今年も素晴らしいレポを書いてくださってます。

ライターの菊池陽子さん、今回もありがとうございましたー。

実は、オリスタの今までのKAT-TUNや仁ソロ特集の感動する文章は、ほとんどこの菊池さん、っていうライターさんが書いてくださってるんです。

KAT-TUNだけではなく、ジャニーズの他のグループへの記事も本当に感動ものだそうで・・・何年も取材を重ねてきて、タレント達から直接いろんな言葉を聞いてきたからこそなんでしょうね。

今回のライブレポでは、KAT-TUN5人のことを素晴らしい表現で綴ってくれてるんですが、

今年の「BANDAGE」の頃の仁についての記事では、こんなことも・・・


彼は決してミステリアスな存在なのではない。
むしろ、シンプルなのだ。ピュアなのだ。

彼の歌声は、クリスタルグラスのようなソリッドな透明感を持ち、
中に入れるものの色をきっちり透過させながら、さらに光を集めて輝かせる。

だから彼は、美しいものや楽しいことへの反応が早い。
自分に嘘をつかず、繕わず、媚びずに、ただ純粋であり続けようとする。
”徹する”ことは、”心から楽しむ”ことと同義なのかもしれない。
そしてそれが、彼の才能であり魅力であり、同時に弱点でもあるのだろう。

これからも赤西仁は、様々な表現の色を透過させ、光を集めていく。


純粋すぎて困っちゃう時もあるけど、そういう純粋なところが、実は好きな部分でもあって、
どんなことがあっても、絶対に自分にとっての「+」に変えていくじゃないですか、仁って。
生き方とか、考え方一つで、人生なんていくらでも変えられる、って・・・仁がどんどん夢を叶えていくのを見てると、いっつも感じるんですよ、純粋に。
「いい生き方してるよなぁ、悔いのない人生か。」って、めちゃくちゃ羨ましく思うのと同時に、
「私もそんな風に生きてみたいな」「将来、そんな人になりたいな」って思うんです。
7歳上の大人なわけだし、人生の先輩なわけだし、本当にそういうところ、すっごく尊敬してますよ。
にしても・・・菊池さんの表現力には脱帽です!!


そして、今回の魂レポのページも感動。

まずは5人のステージでの姿。

亀梨和也
「強い意志で光を放つ 進み続けるスターな男」
ステージでの自分の見せ方を誰よりも熟知しながらも、そこかしこに、5人のKAT-TUNは自分が牽引していくという、強い意志が感じられた。
常にさらなる高みへと自分を追い込んでいくその精神力こそが、スターだけが持ちうる煌きの源泉なのかもしれない。


ファンの望んでいることとか、期待していることに、どんなときでも応えてくれる。
もしろ、期待している以上のものを見せてくれる。期待されればされるほど伸びる。
そういう人だから、届ける言葉もしっかりしてて、信頼できて。
いつも何か「背負ってる」って言葉が浮かんできちゃうんだけど、
でも、背負ってるものが大きければ大きいほど、表情がどんどん良くなってく気がする。

田口淳之介
「まっすぐに感情を表現する 圧倒的に無邪気な男」
全身で楽しさを伝えていた。一人一人とアイコンタクトをとろうとするかのような優しさを見せる。
無邪気であること。一途であること。徹底的に楽しむこと。
彼がそうやって照れずに差し出す“ありのまま”には、オーディエンスと5人の距離を縮める力がある。


ホントに、ホントに、何年経っても変わらないよね。
いつもニコニコ笑ってて、いつも前向きで。
頑張り屋。一生懸命。全力。
誰に対しても「思いやり」を持ってて、優しいから。
だから愛されるんだよ。

田中聖
「放熱する力はピカイチ マグマのような男」
さらなる“熱”を感じた。
とことんまで暴れることで、今まで以上の摩擦熱を生み出そうとしているようだった。
全身で「もっと、もっと」と叫ぶ声は、KAT-TUNという巨大な生命体の中の。マグマのような存在である。


我武者羅。
「死ぬ気でやってみ?死なないから。」
聖から、そう教わってから、さらに頑張れるようになった。
聖がそのお手本を見せてくれるから。
どんなにタイトなスケジュールでも、ライブが始まれば誰よりも、人一倍、叫んでる。
「一生ついてこい。」って、聖が真っ直ぐ言ってくれたから、みんな信じて追いかけられるんだ。

上田竜也
「非日常を美しく演出 徹底した美意識を持つ男」
笑おうが、黙ろうが、歌おうが、踊ろうが、彼の表現には、非日常的なほどに徹底した美意識が貫かれる。
美を追求する意味でのアーティスト性はピカイチ。


「非日常的」
「なんでそんなに可愛いの?」
女の子みたいなことしてみせるたっちゃんには、いつもそう思わされて・・・
でも、人一倍ストイックで、自分磨くことに全力な人だからこそ、美意識も、アーティスト性も、高まるんじゃないかな。
「今日だけ頑張る。」って思い続けてると、そのうち毎日それが続くようになるんだ、って前に言ってたね。
そう思ってると、1日1日一生懸命になるもんね。
だから心も体も強くなれるんだよ、たっちゃんは。

中丸雄一
「抜群の安定感が魅力 信念を持つ多彩で巧みな男」
彼がいるだけで、抜群の安定感が生まれ、いい意味でバラバラな方向を向いて咲き乱れる花たちを、見えないところできっちり束ねていたのである。


この人も変わらない。ライブに望む姿勢とか、こつこつ努力を重ねることとか。ホント全然変わらなくて。
自分にできること、自分にしかできないこと、ちゃんとわかってるからさ。
真面目だけど、攻め続けてるし。
人より前には出ないけど、負けず嫌い。
与えてもらったものにも、自分がやりたいことにも、いつもひた向きで、意外と熱い人なんだよ。


見つめている方向はバラバラかもしれない。
やりたいこともそれぞれ違うかもしれない。
でも、KAT-TUNを愛するその気持ちは、ひとつの熱いエネルギーになって、
それぞれの血管を駆け巡っていたように見えた。

大きな痛みや哀しみを乗り越えてこそ見える景色がある。
あの瞬間、彼らは、未来にもっと輝いている自分達の姿を、見たのではなかったか。

人は、誰もが自分だけの物語を抱えながら生きている。
複数の人が集まってできたチームにもまた、前に進んでいく限り、摩擦や葛藤や衝突がつきまとう。
KAT-TUNは、ぶつかり合うことで切磋琢磨してきたグループだ。

2度目とはいえ、大切な仲間の欠けた状態でワールドツアーを敢行することは、
さすがに想像を絶する苦労があったに違いない。
5人は、その苦しみや辛さを顔に出すことなく、力を合わせて乗り越えたのだろう。

ラストの曲、「PROMISE SONG」は、
自分の夢のために、別の場所で一人奮闘するメンバーに向けて作られたような曲だ。

離れた場所にいても、それぞれが歌を歌い、それが、心に響き渡る。
別々の道を歩んでいても、どこかで、心は繋がっている。

5人は、まるで自分に言い聞かせるように、
気持ちを込めて、ひとつひとつの言葉を、メロディーに乗せていた。

歌い終わったとき、亀梨が、マイクを下げて「ありがとう」と呟いた。
それは、会場にいるファンへの感謝であり、メンバーへの感謝であり、スタッフへの感謝であり、
おそらく、そこにいなかった、“彼”への感謝であったのだろう。
大切な仲間の不在が原動力となって、5人は新たな壁を乗り越えることができたのだから。

過去は振り返らない。前だけを向いて歩く。
でも、かけがえのない思い出はずっと胸の中に。

痛みをこらえながら前に進んで、5人を結ぶ絆は、前よりもより、太く、強くなった。

新たな船出のときがきた。



「Promise Song」を聴いてどう思うかなんて自由なんだけど、
何度も出てくる「君」って誰のことなんだろう、って、
この曲に限っては、そう思わずにはいられなくて・・・
だって、その「君」っていう存在に、終始語りかけてるから、この曲は。
離れた場所(Faraway)にいる「君」へのメッセージだから。
どこを切り取っても、最初から最後まで「君」への想いでいっぱいなんだもん。


「君」が口ずさんでた歌が、目を閉じると、ずっと色褪せずに僕達を繋いでる。

「君」を思い出すたびに、僕は何度も答えを探す。

「君」は離れている場所で、あの日と変わらず、誰よりも強く優しく歌ってる。

「君」がいなくて見慣れない景色に少し戸惑うこともあるけど、そんな時は大切な言葉が守ってくれるから。

「君」と歩いてきた足跡がいつの間にか別れていた。弱さを隠し切れず、何も言えなくて、俯いていたんだ。

「君」が最後にくれた「ありがとう」が、明日へと繋がる希望に変わる。

「君」だけに、この風に乗せて届けたい言葉たち。

「君」にも、あの日と変わらないメロディーが聴こえてるか?

「君」とは別々の道になるけど、いつか道に迷った時に印になるように、お互い同じ色の花を探し続けよう。

「君」との記憶の少しずつ壊さないように集めよう。いつか一つになって大切な想いに変わるから。

「君」との、この「約束の歌」が、心の奥深くで響き渡る。

「君」とまた会える日まで、歩き出そう。



「君」って誰のことだろうね?って聞かれて、誰を想像する?聴く人に誰を想像させたかった?
いつもならファンのみんなとか言うけど、この曲ばっかりは考え込んでしまう。

「君」って誰のことなの?って聞いたら、5人は何て答えるだろう。

そこにいない“彼”・・・

ねぇ、そう思わせてしまうんだよ、聴く人に。

5人で進んでいく決意
アルバムを発売する前から決まってたのか・・・
この曲を入れるって決めたときから、もう覚悟してたのか・・・
ライブで、ファンの前でこの曲を歌うこと・・・その意味。

5人は、真っ直ぐすぎるくらい真っ直ぐ歌ってた。
みんなの想いがすっごく温かかった。
私も真っ直ぐ受け止めたかったから、必死だった。

この曲の後の「ありがとう」
いろんな人への想いなんだろうね。

「PROMISE SONG」の中の「君」が「最後にくれた、ありがとう」も、一緒。
きっと、色んな人への感謝だと思うよ。

菊池さんの記事にみたいに、
もし、亀のマイクを通さずに言ったその一言に・・・
「PROMISE SONG」の「君」への「ありがとう」の気持ちも入っているのなら、
また、笑顔で「ありがとう」って伝えたい。


6人それぞれの未来のために、私は何ができるのかな、って考える毎日だけど、
ライブ「大切な時間」の、みんなのあの笑顔を守るためなら、何だってしたい。

みんなが一番輝ける場所。

笑顔がいっぱいの空間。

幸せ。



「絆」を聴く時と似た感覚で「PROMISE SONG」は、ずっと語り継がれていくんだろうな。


スポンサーサイト

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

FREECELL 「ホテルに住む男」 感想&ソロコングッズ


こんばんは。

今日は朝にちょっと雪が降ってました。

寒かったぁ。

「FREECELL」の感想を書いてみました。

学校の課題もそっちのけにしちゃったので、これから課題やります。

ソロコン前までに大きい課題の締め切りが2つ・・・大丈夫かな。

頑張ります。


あ、ソロコンのグッズが発表されましたね。


パンフレット ¥2000

ポスター ¥800

スカーフ(ミニバッグ付) ¥1500

オリジナルフォトセット(A・B/2種類) ¥各600

フォトファイル ¥800

ショッピングバッグ ¥1000



会場内ロビーにて販売

各日開場時より販売開始予定

当日公演のチケットを持ってる方のみ購入可能



と、いうことです・・・

全部買っても1万はいかないし、ちょっと安心。

パンフとかドキドキしちゃう!


あ、うちはやペンライトも禁止だそうです。

まぁそれは、仁も言ってたしね。


では、続きからは「FREECELL」の感想です。





続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

TV ガイド 感想

おはようございます。

今日はついにソロコンのメール応募の当落ですね!

今日一日頑張ればきっと・・・


朝から仕事行く前に、感想上げたいと思います。

昨日の深夜、眠れなかったのでカツカツリピりながら書きました。

ガイドの感想いきます!


ガイド

KAT-TUN

冬に届いたhotな贈り物

LIVE DVD リリース!!

寒い夜をあたためて



みんなあったかそうな格好してます。

仁はニット帽。

おめめがクリクリになるもんね。

インタビューでは、DVDの見どころを語ってくれました。


亀ちゃん

ドールでのKAT-TUNのLIVEはとにかくスケールがデカいから

引きで観た方がキレイな部分もある

ソロでは水を掛けられる演出もあって、寒かった。


寒かったんだね。毎日毎日ありがとうね。

でも、きっとその演出のおかげで亀ちゃんのソロはすごいキレイになってるよね。

楽しみだな~1582!!


じゅんの

何よりライブを見に来れなかった人たちに…

って言葉が嬉しかった。ありがとう。

私も行けなかったからさ。

自分が行けなかったコンサートのDVD見るのって、実は久々でちょっとドキドキしてる。

セトリとかレポは読んで、自分なりに想像してみたりするけど、

やっぱり自分が想像してるものの遥か上を行くんだろうな。

楽しみです。




特典映像はかなりの見どころ!

前、カツスタで一時間以上あるって聖が話してたの。

かなり濃いものになってそう。

アリーナでの爆走トークもありで、

多分インタビューかな?

「KAT-TUNのことどう思う?」な~んて真面目な話もしてくれてるみたい。

こっちも楽しみ!

やりたいことは全部やり尽くしたコンサートだったから、

次のコンサートでなにしたらいいか悩んでる


いやぁ、まだまだやってないことはきっとたくさんある!

やってほしいことも、話し出したらきりないよ、聖!

また驚かしてください!


たっちゃん

ソロでのピアノソロは緊張した。って…

たっちゃんすごいよ!五万五千人の前で弾けるなんて!

昔は人前で弾くのが嫌だった…

でももったいないもんね、すごい弾けるのに…人前で見せなかったら。

だから、これからも色んな場で披露してね。

ボクシングのときは力強くて、ピアノを弾くときは繊細…

そういうたっちゃんのギャップが大好き!


ゆっち

バンジーも、面白かったみたいで良かった。

ゆっちの涙をテレビで見たときは思わずもらい泣きしちゃった。

LIVEは毎回改善を重ねて育てていくもの。

期間が長かった分、最終的な完成度は高まった。


日々成長してく姿をファンは間近で見れて、

今年のツアーも、すっごい貴重だったと思う。

8日間連続のときなんて特に…

一人一人の成長も、全体としての成長も、日々の彼らからうかがえたんじゃない?

ツアーもツアーで、最初から最後までメンバー、一人一人考えて

色んな変化を生み出してたと思う。

みんなありがとう。




見どころは自分のソロみたいだね。

頑張ったんだもんね。

今年も本当にあっという間だった。

音楽は温もりも大事。

コラボするときは、自分の意見も言うし、相手の意見もちゃんと聞く。


そりゃそうだね。じゃないとコラボレーションしてる、って言わないし。

お互いに完成度を高めよう、って思ってしてる意見だし

そういうとこから温かさが生まれるんだよね。

今回のLIVEもそうやって、みんなで愛情そそいで作った…大切な宝物だね。

「Break the Records」

KAT-TUNとKAT-TUNを愛するみんなの記録と記憶。

あったかい愛で溢れてる、LIVE!

ついに、来週発売です!


よしっ!

それでは、仕事いってき~!



ランキング参加中です。

ポチッとお願いします。



ジャニーズブログランキング



ブログ評価 お願いします

All Johnny's Fan ブログランキング







テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

スポ誌などなど・・・。

こんばんは。

今日もお仕事頑張りました。

今日はかなりバタバタしてて、あっという間に夜になりました。

かなり疲れたけど、もう明日なんだ…って思うと、疲れも吹っ飛ぶものですね。

っていうか、仁がananに出ること、弟にばれたっ!

「明日、anan買いに行くの? 衝撃ショット、ってなんだよ…」

って言われて

「それは、もう………衝撃…ですよ」

って言うしかなかった…。ははははは(汗



昨日でBuzzer Beat終わっちゃいましたね。

まさに月9っていう終わり方で、すっきりしました。

最後の最後までハラハラさせられたけどね。

先週の回の、直輝と莉子が離れ離れになるシーンですごくいい台詞があったんです。

先週から書こうと思ってて、書けなかったのでここで紹介します。


「大丈夫・・・離れてても応援してるから・・・」


「○○がいると思うと強くなれる」


なんか、よくドラマでは聞くような台詞かもしれないけど

すごい気持ちが伝わってきたし、私も同じようなこと思うことがよくあるから・・・なんか好きです。

月曜日の楽しみだったから、これから無いんだって思うと寂しいな・・・。

Pちゃん、全ての関係者の皆様、楽しいドラマをありがとうございました。



そういえばこの前、性格診断テストみたいなのを受けたんです。

それで、最近結果が来て、読んだら…

「気分が高ぶっているような時、あなたはやや暴走する危険性があります。」

って書いてあって、あまりにも当たりすぎてて家族で大爆笑してしまいました。

みんなに「絶対に仁のせいじゃん」、って言われた(汗

まさに、今のような状態ですね…気分が高ぶっている時(笑

どうやら明日は暴走する危険性があるみたいなので…というかする確率500%なので…

馬鹿だなー、って遠くから笑ってやってください。

明日のWSも、一応チェックですね。

みなさん、明日は仁見てトロットロにとろけましょう。



それじゃ、続きにスポ誌の内容書きます。

記事の内容だけで、感想は本誌の感想と一緒にあげます。

写真も載せてるので、明日まで見たくないって方は、見ない方がいいです。

では、どうぞ!



ランキング参加中です。

ポチッとお願いします。



ジャニーズブログランキング



ブログ評価 お願いします

All Johnny's Fan ブログランキング












続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

an・an 表紙・Book in Book に赤西仁 衝撃のラブショット 「愛しい男の愛し方」

はい…みなさん。

ゆっくり深呼吸~。

スー…ハー…。



とうとうきましたか…。


an・anのフルヌードシリーズに

我らが赤西仁が…

しかも、もう発売日まで一週間もない…っていう…

ちょっと心の準備が…

知らせを聞いて、さっきまで、一人で泣きながらワーキャー言ってたので、

今、ぐったりです。


きっとKAT-TUNの中では仁が一番手だろうな、と覚悟はしてました。

というか、去年映画主演が決まった時点で、

an・anにはかなり期待してたよ~~~~~~。

やっとです。


また一つ夢が叶った。


山Pのときも、相当羨ましかったもん。

こういう系が好きな人、嫌いな人、いるみたいですが…

私は完全に…大好きです。(←超変態女)

もう一刻も早く仁のヌード&相手との絡みが見たくて、見たくて…

とりあえず、2冊は確実に買わないと…

23日の日記は、完全にぶっ壊れてると思うので、もう…気にしないでください。

とにかく、仁ファンのみなさま、おめでとうございました。

本当に本当に本当に

嬉しい。

仁…カッコイイよ。

月曜日からのWSも要チェックですね。





続きは普通の日記です。

よかったら見てやってください。



ランキング参加中です。

ポチッとお願いします。



ジャニーズブログランキング



ブログ評価 お願いします

All Johnny's Fan ブログランキング











続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

オリスタ 亀梨和也 2年間連続年間1位の本音

今になって、亀ちゃんが少しずつ大変だったころのことを語ってくれる。

なんでだろうなって考えちゃうことがたまにあるんです。

亀ちゃんも言ったように

わけがわからなくなるほどの忙しさを体験しても、

今となっては…

人ごと

だからなのかもしれない。

自分がやったんだ なんて思えない、からかもしれない。

それくらいの忙しさだった…

でもね、亀ちゃん…全部亀ちゃんがやったんだよ。

今の亀ちゃんが輝いてるのは、あの頃の無我夢中で働いてた亀ちゃんがいたから。

今まで、どんなに忙しくてもKAT-TUNの亀梨和也でいてくれた。

だから、人ごとなんて言わないで…亀ちゃん。





修二と彰でCDリリース

これが決まった時のこと、もう4年前のことだけどはっきり覚えてます。

メンバーにもファンにも、それぞれ色んな想いがあった。

仁が前に言ってたけど、

「まずKAT-TUNで出す前になんでだろうね…」

っていう気持ちは亀ちゃんも一緒だった。

だから最初はイヤって言ったんだよね。

「あの頃は、KAT-TUNでのデビューが、俺にとってのホントのデビューだと、信じて疑わなかったから。」

「俺の居場所はKAT-TUNしかないと思ってたし、一人だけ抜け駆けっぽいことは、したくなかった。」

これ読んでとっても胸が痛くなった。

そんな亀ちゃんの気持ちは、わかってたつもりだけど

私は単純に

修二と彰があんなにヒットして

160万枚も売れて

2005年のCD売り上げランキング一位になって

とっても嬉しかったのが一番だった。すっごく楽しかったし。

青春アミーゴも大好きだったし、カップリングが絆だったのも、ものすごく嬉しかったんだ。

ここで亀ちゃんが頑張れば

さらにKAT-TUNのことを世間に知ってもらえる…って。

そうやってどんどんどんどん有名になってからデビューしたらいいんだ、って。

でも心の奥底では、KAT-TUNはいつになったらデビューできるのか、不安だったかもしれないな。


今その頃を思い返してみてもね、亀ちゃんの疲れてる顔なんて全く思い出せないし、

絶対にファンの前では、疲れなんて見せたことなかったと思う。

「トイレに行く時間もないほどの忙しさだった」

なんて、知らなかったよ・・・

こういう所が亀ちゃんのアイドルとしてのプロ意識の高さだと思うんだ。

でも、やっぱり信じられないのは…

その時、亀ちゃんはまだ

19歳・・・・・・・・・・

だったってこと。

そんなに若い頃から、たくさん大変な思いをしてきた亀ちゃんをとっても尊敬します。

ファンとして誇りに思います。



そして、修二と彰の嵐の後、

亀ちゃんは、またわけがわからなくなるほどの忙しさを体験しました。

KAT-TUNのCDデビュー

デビューして、どんどん新しいことにチャレンジしていったKAT-TUN。

でも、何か新しいことをすると、必ず誰かと比べられた。

誰でもやだよね、そんなの。

でも、それは

それだけみんなに期待されてるからで、

見てくれる人がいるからで、

「比べられるだけ、ありがたいんだ」

って亀ちゃんの言葉読んで、とても共感しました。


デビュー当時、何かやりたくない仕事がきたとき

「これやりたくない。」 ってはっきり言うメンバーもいた、と・・・。

仕事なんだから、自分のやりたいことだけやるなんて無理にきまってるじゃないか・・・って

大人な亀ちゃんは、そんなメンバーがいる中、

きちんとバランスとらなきゃって、KAT-TUNを先頭に立ってまとめてくれてたよね。

少クラプレミアムでも話してくれたけど、KAT-TUNは大人に周りのことを全部決められちゃって

全部ひかれてるレールなのが歯がゆかったんだって・・・。

自分たちはただ大人に従うだけっていう環境が・・・。

そりゃー、最初は戸惑ったりするのは当たり前だと思うけど

そんな中でも、亀ちゃんはそんな時も、

自分はそんなこと思っていられないんだって・・・言い聞かせてたんだね。

また人一倍、苦労かけちゃったね。ごめんね。


読者からの質問で

「これは大変だった、という思い出の記録を教えてください」って質問があったんです。


「デビューしてから大変だったことは、マジで、1コしかない。」


デビューから見てきてるから・・・ちゃんとわっかってるけど・・・

そうやって、あえてね・・・詳しい内容は言わないでいてくれる・・・

私達にあの頃の気持ちを思い出させたくないからだよね。

そんな亀ちゃんの優しさとか、思いやりが・・・愛しすぎて・・・

本当にファンには人一倍気を遣ってくれるのが・・・。

本当にいつも、ありがとう・・・



これからも、亀ちゃんの頑張ってる姿をちゃんと見て

ちゃんとその頑張りをわかってあげたい。

昔のがむしゃらな亀ちゃんも

今、ステージの上で輝く亀ちゃんも

未来の成長した亀ちゃんも

全部、大切で・・・

かけがえのないものだから。



メンバーが、こんなに赤裸々に語ってくれれて・・・

とっても嬉しかった。

このインタビュー読み終わって、久しぶりに青春アミーゴとReal Face聴いたら

なんか今までより、もっともっと感じるものがあった。

さらに大切な曲になったな。

昨日、夢にも亀ちゃんが出てきてびっくりした。

そのくらい昨日は亀ちゃんのことばかり考えちゃってた。



このオリスタには、ドリボのレポもあるし、6人のKAT-TUNも5人のKAT-TUNも修二と彰も載ってます。

かなり盛りだくさんな一冊なので、

みなさん、是非読んでみてください。



普通の日記は後で書きます。

ぐだぐだな感想でしたが、最後まで読んでくださった人達に感謝。



では、また後で。

ちゃおー。



ランキング参加中です。

ポチッとお願いします。



ジャニーズブログランキング



ブログ評価 お願いします

All Johnny's Fan ブログランキング





テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

10月31日発売のCinema☆Cinemaの表紙・特集に赤西仁 & 今日発売のオリスタに亀ちゃん。 必見!!

こんにちは。

今日はなんだか曇ってます。今にも雨が降ってきそうな感じ。

今日はこれからおじいちゃんの家に行って、すき焼き食べます。


10月31日発売のCinema☆Cinemaの表紙と特集に仁が載ることになりました。

グラビアもありの大特集だそうです!

さっき、本屋に予約に行ってきました。

990円だそうで、やっぱりかなりお高めで・・・

でもきっとその分、他の雑誌より紙質はかなりいいと思うので絶対買わないと。

雑誌祭りがついに始まるんですね・・・どきどき・・・わくわく。


予約に行ったついでに今日発売のオリスタに亀ちゃんが載ってるので、

立ち読みで、すませようかな・・・って思って

読んでたんですが・・・これは・・・買わなきゃまずいなって読んでいくうちに思ってしまい。

買ってきました。

090918_1602~01

帰り道、自転車こぎながらインタビューの内容を思い出しては泣きそうになり・・・

とっても考えさせられる、亀ちゃんのインタビューでした。

インタビューの内容は、

この前の「いいはなシーサー」の亀ちゃんのお話をもっと詳しくしたような感じって思ってくれれば・・・

修二と彰の頃から、デビュー1年目くらいまでの

亀ちゃんやKAT-TUNの成長や葛藤をたくさん話してくれています。

このインタビューは亀ちゃんファンさんはもちろんですが、

仁ファンにもぐっとくる言葉があり、(本当に胸が締め付けられそうなくらい・・・)

すべてのKAT-TUNファンに絶対絶対読んでもらいたい内容でした。

あの頃の亀ちゃんの想いを真っ直ぐ受け取って、

これからもずっとずっとKAT-TUNを愛し続けようと思いました。

話してくれて ありがとう、亀ちゃん。 

大好きです。


この感想はきちんと残しておきたいので、別にあげます。

これから、おじいちゃんの家に行くので

記事書き終わるのは今日の夜中とかになってしまうかもしれないです。

よかったら読んでやってください。


では、また後で。


ちゃおー。



ランキング参加中です。

ポチッとお願いします。



ジャニーズブログランキング



ブログ評価 お願いします

All Johnny's Fan ブログランキング





テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

オリスタにナツ、カズヤ、和歌森正明さん。

こんにちは。

きょうはちょっと曇ってるけど、朝外に出たらとっても過ごしやすそうな天気でした。

朝、おばあちゃんがカステラを作ってくれました。

090911_1014~01

出来立てをくれて、ふわふわしててめっちゃおいしかったぁ~。

底にざらめは付いてないけどね・・・。

おとといのカツカツを思い出しながら、完食しました。


今日発売のオリスタにナツとカズヤと和歌森正明(ゆっち)が載ってます!

どうしよっかなー買おうかなー・・・。400円くらですよね、迷うなー。

でも、なんか文章がとってもいいみたいだし・・・。

もうしばらく、様子見ます。


今日は中ぺですね。

ゆっちのドラマももうすぐだねー。

和歌森正明って、すっごい名前だなっ!昭和っぽい。

前髪が今より短いゆっちはもうこれで見納めかもしれないね。

楽しみです。


松本ともこさんのブログに仁のことが書かれてましたね。

Helpless Nightのこともとっても褒めてくれています。

Jinが仁だって松本さんは知らなかったみたいで、

あの言葉、歌手として見てくれてるなって感じがしてすごく嬉しかったです。

仁にはKAT-TUNとしても、ヴォーカリストとしても、おっきくなっていって欲しいな。

俳優としてもね。

クリちゃんも大絶賛の仁の歌声。

もっともっといろんな人に聴いてほしいです!


大事な試験があるので今日は勉強しなきゃっ!

それでは、かなり短めですがこの辺で。


ちゃおー。



ランキング参加中です。

ポチッとお願いします。



ジャニーズブログランキング



ブログ評価 お願いします

All Johnny's Fan ブログランキング





テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。