スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.15 Last Episode【和訳】

こんにちはー。

JIN AKANISHI公式HPにまたサンプルミュージックがアップされましたね。

新しいのは「YOLLOW GOLD」のみですが、素晴らしくクリアな音に感動です!

日本からは聴けないみたいですが、まぁ他で探せばあるのでね(笑)


さっき、KAT-TUNの新曲の予約に行ってきました。ばっちり3種類予約しましたよー。

今回はCDショップを変えてみた。まぁ、いつも行くところがちょっと遠いからなんだけども。

MT最終回に間に合うように帰ってまいりました。

最終回もいつもどおりの調子でしたね。

「やっぱりそれが仁らしいなぁ~。」なんて…見ながらそんな気がしました。

それでは和訳から。


JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.15


A lot of people don't want you to wear sunglasses and hats.
みんな君にグラサンかけたり、ハットは被たりしてほしくないみたいだよ。

They wanna see your face.
君の顔、見たいだろうし。

Why you wear?
どうしてグラサンかけたり、ハット被ったりするの?

Why? Because I feel...I feel confortable with wearing sunglasses and wearing a hat.
どうしてって…だって、そうしてる方が楽なんですもん。

And also...I'm just being lazy to do my hair.
それに、ただ単純に髪をセットするのが面倒くさくて。

What about sunglasses?
じゃあ、グラサンは?

On the stage, the lights...it's really bright, I can't see people.
ステージの上からだと照明が眩しくて、周りの人が見えないんです。

I actually can't see the audience.
お客さんたちもよく見えないし。

If I'm ganna wear sunglasses, I can see you...more.
グラサンかけた方が、もっとよく見えるし。

Good excuses?
ちゃんとした言い訳でしょ(笑)?

Do you like to drink? Alcohol?
お酒飲むのは好き?

What? Yes.
え、何(笑)?好きですよ。

What do you like to drink?
どんなお酒が好きなの?

Vodka.
ウォッカかな。

How much do you drink?
どれくらい飲むの?

How much do I drink?
どれくらい飲むって…?

Depends on how good the party is.
パーティーの盛り上がり具合によるかな。

Okay, that's it.
オッケー、これで終わり!


なんか、シンプルな質問の数々でしたね。

「I.N.P.」のことには全く触れてませんが、いいんか(笑)

略さず言うと「International Party」

この曲は「Keep it up」と同じくらいお気に入りです。

サビも覚え易いし、振りも簡単で、すごく盛り上がれる曲ですよねー。


インタビューでは、グラサンとハットの話になりましたが、

照明が明るすぎて、お客さんが見えないからと…いうことですけども。

じゃあじゃあ、たまに客席を明るくするとか、どうですか?

あと、髪をセットするのが面倒くさい、ですか…。

ハット被ってても、髪はばっちりクルクル巻いてたやん!

でも、髪切って、グラサン率も、ハット率も、ちょっとずつ減ってきてると思うんですが…

まぁ、個人的に初めからそんなに気にしてないですけどね。カッコよければ、なんでもいいです(笑)


さあ、最終回でした。

最後の最後の謎のノリが本当に可愛いですね。

「MUSIC TALK」全エピソードを和訳してきましたが、振り返ると、とにかく楽しかったの一言です。

曲への想いだけでなく、ファンへの想いや、愛についてまで、いろんなことを語ってくれました。

仁の言葉や表情に、笑ったり、泣いたりしながら、3ヵ月半でいろんなことを学ぶことができました。

ファンとしても怒涛?の3ヵ月半でしたが…

このMUSIC TALKで毎週のように仁を見れたことで、いつも助けられ、励まされ、元気をいただいて、

「ありがとう」感謝の一言です。UTBさま、こんな機会を作ってくれて、ありがとうございました。

そして、私の「MUSIC TALK」和訳をいつも読んでくださっていたみなさま、拍手やコメントをくださったみなさま、

本当にありがとうございました。

これから全米ツアー期間中や、その前後は海外メディアのインタビューやレポがどんどん増えてくると思いますが、

これからも楽しく和訳していこうと思います。


「The Life is Beautiful.」が生まれたのも、このMUSIC TALKですね。

きっとこれからも素晴らしい人生が待ってるよ!

これからもたくさん曲を作って、歌にのせてたくさんのメッセージ伝えてください。

また、仁の口からいろんなこと聞きたいな。


全米ツアーも間近、それを終えたとき、今度はどんなことを語ってくれるのか、楽しみにしてます。


SUPER THANK YOU


それでは、今日はこの辺で。

ちゃお~。



P.S.続きに拍手コメレスです。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.14【和訳】

こんにちはー。

今日も秋っぽい天気ですね。

PCで課題をやりながら、MT待ってました。


お知らせです。来週で「MUSIC TALK」最終回です。

7月から毎週楽しみにしていた番組。

仁の作った曲を仁の言葉で理解する、っていう素敵な機会にいつも感謝でした。

L.A.で歌った曲は全曲紹介してくれましたね。

今週は「wonder」で、最後に残った1曲です。


それでは、まずは和訳から。


JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.14


First collaboration...for me.
僕にとって初めてのコラボ曲です。

Really?
本当に???

Yeah, this is the first collaboration for me.
はい、この曲が初めてでした。

Her name is Crystal Kay.
コラボしたアーティストはクリスタル・ケイっていうんですけど。

She is really talented. She is a Japanese singer.
日本の歌手ですごい才能を持ってるんです。

I'm kind of cool with her.
僕も彼女の音楽に惹かれてて。

One day I mentioned, I wanna do something with you.
だから「一緒に何かやろうよ!」って声かけたんです。

She's down with that.
そしたら、彼女もそれにノってくれて。

We wrote it, it's about racism.
それで、この曲が出来上がったんです。テーマは人種差別ですね。

It's about racism.
人種差別?

Yeah. There is a lot of people who is being like that
そう。今って、人を人種で差別したり偏見持ったりする人がたくさんいるでしょ。

I don't like Japanese...you know, I don't like that.
「日本人なんて嫌い」とかさ・・・そういうの嫌いなんですよね。

It's about no border, it's about different people partying together.
じゃあ、この曲は、人との間に境界線はない、人種が違っても、ここではみんな一緒に楽しめる、って想いがあるのかな。

Yeah partying together.
そうですね、みんな一緒に騒ごうよ、みたいな。

Sharing our moment.
みんなで同じ時間を共有することですね。

I guess a lot of your songs have a lot in common, partying, being international.
たぶん、君の作った曲って共通なテーマが多いよね、パーティーとか、インターナショナルな雰囲気とかさ。

Those lyrics are kind of my life.
そういう歌詞は、僕の人生みたいなものなんですよ。

All of your songs?
君の作った曲全部そうなの?

...Partly, partly all of my songs.
...曲の一部分かな、どの曲も部分的に僕の人生を語ってるところはあります。

Like discrimination, just being international.
人種差別なんてない、インターナショナルな感覚でいることね。

Even "Hey Girl"?
じゃあ「Hey Girl」は?

Except "Hey Girl".
・・・「Hey Girl」以外ね(笑)


みんな大好きですよね、この曲は。私もこの曲が一番好きです。

仁の曲は全部大好きだけど、この曲を超えるものは絶対にないです。

なんか好きすぎて、どこが好きとか上手く説明できないな・・・。

とにかく、差別・偏見のない、あの素敵な世界を観てるとすごく幸せ。

この曲を初めて聴いたとき、仁の価値観にすごく共感できたんです。

惑星魂の頃って、自分がちょうどアメリカに留学してた時期で、

アメリカで「Racist(人種背別をする人)」にたくさん出会ったんですね。

たくさんの人種が一緒に住むアメリカ。

他の国から来た人を温かく迎えてくれる人がいーっぱいいた。

でも、私が衝撃を受けたのはその反対の考えを持った人たち。

肌の色が違うから、言葉が違うからって偏見を持った考えの人がたくさんいたんです。

私もアジア人だから、違う人種だから、って遠まわしに馬鹿されてたこともありました。

そんな初めての経験に、泣くほど傷ついたこともありました。

そういう傷って、なかなか忘れられないものなんです。

だから、私は絶対に人を差別なんてしたくない。

これ以上、差別で人を傷つけないでほしい。

差別なんてくだらないこと考える世界になってほしくないです。

だから、この「wonder」に自分と同じ気持ちがたくさん詰まってて、本当に嬉しかった。

仁はそういう温かい人なんだ、って・・・本当に嬉しかったんですよ。

仁のその想いは、ステージにも反映されてますよね。

この場所では人種なんて関係ない、そういうオープンな気持ちでみんなが自由に楽しめる。

そういう空間を作り出してくれる仁に感謝の気持ちでいっぱいです。

「World Peace」のための、大きなテーマ。

この曲でもっともっと世界の人に伝えてほしいな、って思います。


それでは、今日はこの辺で。

ちゃお~。



テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.13【和訳】

こんばんはー。

今日は昼前から雨が止みました。

東京で友達とお勉強だったので、降らなくてよかった・・・。

もっとたくさん英語勉強しなきゃなー、って日々痛感・・・(汗)

仁も言ってたけど、私も本当にボキャブラリー不足に困ってます。


さ!今日はMUSIC TALK!!

先週の続きで、今週も「A page」についてです。まずは和訳から。


JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.13

Why is the title "A page"?
どうして「A page」っていう曲名にしたの?

Is it from a page of a book?
本の1ページっていう意味とか?

Like… one of the pages of my life.
う~ん、僕の人生の1ページみたいな感じかな。

Yeah, it could be about my life and it could be about the fans...
僕の人生のことでもあるし、ファンに向けたメッセージでもあるよ。

Talking to fans.
ファンに気持ちを伝えてるんだ。

What are you saying to fans?
ファンにどんなことを語りかけてるの?

When it's a paparats question...I mean I have a bad reputation.
「paparats」の質問のとき・・・僕は世間から評判が悪いって話したでしょ。

You have a bad reputation?
君に悪い評判があるの?

People have a negative image of me.
そう、世間は僕に悪い印象を持ってるから。

I think a lot of people misunderstand me...
きっとたくさんの人に誤解されてるんだ、僕。

I was kind of struggling about it.
だから、そのことでちょっと苦しんでた時期があって・・・

I really don't want it of that image.
本当に、僕にそんな印象を持ってほしくなかったからさ・・・

I wanted to tell you that’s wrong.
そんなの間違いだって、みんなに伝えたかったんだけど・・・

But there's no way that I can tell people.
みんなに伝える術なんてどこにもなくて。

Instead of saying “I didn't do it”, you made a song about…
だから、「そんなことしてないよ。」って伝える代わりに、歌にしたんだね・・・

Yeah, about how I feel.
そう、自分の気持ちをね。


やっぱり悲しいよ。泣くよ。

どんな想いを抱えながらこの曲作ってたんだろう・・・

どんな想いでインタビュアーさんに打ち明けてるんだろうって思うと。


歌詞の本当の意味は、仁自身が説明してくれない限りわからないけど。

仁はファンに伝えようとしてくれてるんだね。それだけはハッキリしました。

別れ話に例えたとか、世間の評判に苦しんでた、って話を聞くと、

暗い歌詞が多いんじゃないかって思う人も多いかもしれませんが、実はそんなことないんです。

たぶん、その苦しみを乗り越えてみせる、って仁の強い気持ちがこもってるんじゃないかなと思います。

I keep moving on with my mind on the goal.
僕はゴールに向かって走り続ける。

I'd do it all for you and I know you know.
あなたのために僕はやってみせる、だからわかってくれ。

So I ask will you bless me please.
僕を応援してくれないか。


仁がその苦しみを完璧に乗り越えられたのかはわからないけど、

今、私たちに見せてくれる笑顔は、本当に幸せそうな笑顔じゃないですか。

だから、もうこれからはそんなに心配することないと思う。

壮行会でも、この曲を一生懸命歌ってました。

こうやって歌にしてステージで伝えることができることで、仁自身、もっと強くなれてるのかな・・・って。

ファンを前にして、自分の気持ちを吐き出してるんでしょ、歌で。

だから、歌えば歌うほど、仁は強くなれるんじゃないですか?

だから、どんなことも乗り越えられるんじゃないですか?


ソロになれば、これからもっともっと大変なこともあるだろうね。

でも、ファンは、家族じゃないし、友達でもない。

だから、慰めたり、悩みを聞いたり、励ましたり、もちろんそんなことできないけど・・・

私たちにできることって、ちゃんと真っ直ぐ向き合うことだけ。

ちゃんと真っ直ぐ見てあげること。聞いてあげること。

それが赤西仁だろうが、JIN AKANISHIだろうが、そんなの関係なしに・・・

今の仁のリアルな気持ちを、まずはちゃんと受け取ることじゃないですかね。

その想いを、どう感じるかは人それぞれ。

もしかしたら、時には怒ったり、ムカってすることもあるかもしれないけど、

それはそれで、真っ直ぐ向き合ってていいと思う。

ちゃんと自分のことを見てくれる、自分の言葉を聞いてくれてることだけで、嬉しいだろうし。

それに、どんな想いを抱いても、それはみんな仁が好きだからこその気持ちだし。

仁も何も隠したりせず、素直にファンと向き合ってるんだから。

だから、これからも「A page」みたいに、私たちへ届けてくれる想いがあるなら受け止めたい。

それが言葉だろうと、歌だろうと、どんな形だろうと、

伝えたいことがあるときは、それ聞いてあげることで、お互いに支えあえるんじゃないかな、と思います。

メディアとか世評とか、フィルターを通してじゃなく、そのままの仁を見てあげること。

ファンの気持ちも素直に伝えること。


それがこれからの幸せに繋がるんじゃないですかね。


来週は「wonder」です。

この曲も素敵な話になると思います。だって、歌詞がもう・・・とっても素敵だもん。

それでは、今日はこの辺で。

ちゃお~。



P.S.続きに前記事に拍手コメくださった方へお返事です。


続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.12【和訳】

こんばんはー。

実は、明日から6連休♪

でも、連休が明けると課題提出2つ、プレゼン1つ、中間テストが2つ、が立て続け。

どうしましょう・・・よし、やるしかなーい!


今週のMUSIC TALKは「A PAGE」です。

この曲は2回に分けて放送ですね。

まずは和訳です。


JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.12

A PAGE is a metaphor, too.
「A PAGE」にも例えを使いました。

It's a metaphor?
これも例えなの?

Yep. it's a metaphor for..it chould be anything.
はい、例えなんですけど・・何にでも例えられるんです。

I made it that way on purpose.
そういう風に作ったので。

You're talking about the lyrics?
ああ、歌詞のことか。(たぶん、曲名のことかと思ってたんだと思います。)

Yep, lyrics.
そうです、歌詞の中です。

It's seems like...I'm talking about the girl,
見てみると、女の子について話してるように思うだろうけど、

but it's actually...it could be a life.
でも、実は・・・人生のことでもあるんです。

It could be about life?
人生について話してるの?

I mean my life.
「僕の」人生についてですね。

Is this may be from your life or is it just for anybody?
この歌詞は、あなたの人生にしか当てはまらないの?それとも誰にでも当てはめられるの?

Most of idea is my life.
ほとんどの考えは、僕自身の人生を基にしてます。

You said that it might come from your past relationships?
過去にあった人間関係とかから来てたりするの?

Um...not really...it seems like it...but...
う~ん、それはないかな・・・そう読み取っちゃうだろうけど、でも・・。

I think first time you read it, it feels like on the surface...it's kind of like a break up song.
たぶん、初めて読むときは歌詞をそのまま読むから、別れ話なんじゃないかって思うよね。

Yea, yea, yeah, it is.
そう、その通りですよ。

but it could be about my life.
でも、実は人生についても語ってるんです。

So there's like a hidden meaning?
じゃあ、この曲には隠れた意味があるんだね。


いい所で終わってしまいましたね。

その隠された意味、仁の人生について、来週はたっぷり語ってくれると思います。

誰か女の子へ話してるんだと、最初は誰でもそう感じると思います。

仁の過去の恋愛話なんじゃないかと勘違いもすると思います。

でも、仁によると違うらしいので・・・

そこに期待ですね!

きっと、そんな単純なものじゃなく、とっても深いんだと。

来週、楽しみにしています♪


それでは、この辺で。

ちゃお~。



P.S.続きに拍手コメレスです。


続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.11【和訳】

こんにちはー。

ヤバい、このままじゃ風引いてしまう!鼻がズルズルしてしまう!

やっぱり私も季節の変わり目には弱いです_| ̄|○


今週のMUSIC TALKは「Paparats」

やっぱりちょっと話を聞くには勇気がいりました。

見ながら胸がズキズキ、とても切なかったです。


では、まずは和訳から。


JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.11


I have a lot of experience about it.
パパラッチとはいろんなことがありました。

People took picture of me...when I'm partying.
あの人たちはパーティーしてる時を狙って写真撮るんですよ。

You like to party?
パーティーは好きなんだよね?

I like to party and i like to work.
好きですよ、でも働くことも好きだから。

It means not...like I'm partying everyday.
そんな写真撮られるからって、別に毎日パーティーしてるわけじゃないし。

I'm working hard.
一生懸命働いてます。

and if...if I'm partying everyday.
もし、そんな・・毎日パーティーなんかしてたら、

I wouldn't be here.
僕は今、ここにはいませんよ。

I wouldn't be doing this like I produce my show, writing music.
ショーを作り上げたり、音楽を作ったり、そんなことも出来ていません。

Unless people are close to you, they don't see.
あなたの近くにいない限り、わからないもんね。

All they see is "Ok, he is going out again".
世間に出されるのは「うわ、あいつまたクラブ行ってるよ。」ってからかう記事だけ。

Yeah.
うん・・。

Partying?
またパーティーしてるよ、って?

I'm not saying I don't party. I love to party.
パーティーに行かないわけじゃないですよ?むしろ、大好きです。

They just taking a picture...a moment of my life.
でも、パパラッチは僕の人生のほんの一瞬を写真におさめてるだけ。

They're just building an image of you.
ただ、イメージを作り上げてるだけ。

Yeah, there is a Jin Akanishi they created.
そう、そこには僕じゃなく、あの人たちが作り上げた「赤西仁」がいる。

I don't like him.
あいつは嫌い。


↑最後のこの言葉、胸に突き刺さって泣いてしまいます。

とっても悲しかったし、仁の気持ち考えると涙が出ちゃうんですけど・・

仁自らが世間の誤解を解かないといけないなんて・・

いつの間にかこんな世の中になっちゃってるなんて・・

でも、ファンが誤解してしまう一番の原因になってるゴシップネタを、

曲にして届けることで、仁の本当の気持ちが聞けるからいいと思うんです。

"This is me"っていう歌詞がシンプルで、真っ直ぐで、私は好きです。


パパラッチも、それが仕事なんだからしょうがないのは、とっくにわかってます。

あちらも生活がかかってるんですもん。

だから、パパラッチの言うことは別に気にしていません。

そういう人たちの話は聞きたい人が聞けばいいし、信じたけりゃ信じればいい。


でも、パパラッチが何を言おうが、世間がどう評価しようが、

ファンだけは、真っ直ぐ見てあげなくちゃいけないし、受け止めてあげなきゃいけないと思うんです。

ファンの中にだって、ゴシップネタ気にしてばかりの人はいますよね。

プライベートをやたらと知りたがる人だっていますよね。

そして、それをやたらと人に話したがる人もいる。

プライベートにまで口出して何がしたいんだろう。

「仁のことなんでも知ってるもん」とか、自慢気にそう思いたいのか知りませんけど、

パパラッチが書くことよりよりも、そういうファンがいることの方が悔しい。

自分が逆の立場だったら、って考えなきゃダメだと思う。

ファンなら、好きな人の気持ちを一番に考えてあげてほしい。

"There's no reasons to believe them"
あの人たちを信じる理由なんてない。

曲の中で本人がそう言ってます。


JIN AKANISHIとして、今どれだけ頑張ってるか、

昔から歌うことや踊ることが大好きで、

周りにはいつも素敵な仲間がいーーーっぱいいて、

どんなときも中心になって素敵なステージを作り上げる人だって、

本当は優しくて思いやりのある人だって、

ちゃんと理解してあげましょ。ファンが一番にわかっていましょ。

私たちができることなんて、それくらい。

こらからも仁のこと真っ直ぐに受け止めましょうね。

言いたいことは、それだけです。


来週は「A page」ですーー。わーーい!

深い内容になりそうですね。

ちょうど壮行会の日なので、会場入る前に見れるといいな。


ちゃお~。


続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.10【和訳】

こんにちはー。

本当にいつの間に1週間経ってるんでしょ~!?あっという間です。

今日も和訳です。今回でMUSIC TALKも10回に達しましたね。

もう2ヵ月半も、この番組に助けられてるんだと思うと、感謝感謝。

曲も残り少なくなってきたんでしょうか・・あれと、あれと、あれ・・って数えていくと。

今週は「My MP3」です。そんなに詳しく語ってはいない気がしないでもないけど(笑

今回はこれから挑戦しいたいジャンルについても話してくれましたよ。


JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.10


Trance...techno?
トランス?テクノ系?

Techno trance.
テクノ&トランス系ですね。

That's still a club song.
でも、この曲もクラブミュージックですけどね。

It is yeah?
そうなの?

That's a metaphor, too.
例えも入ってるんですよ。

"MP3" is?
「MP3」に?

Yep!
そう。

What's it a metaphor of?
何に例えてるの?

MP3 is a girl...that's it.
「MP3」は女の子を表してます・・・それだけです。

Like I'm singing the chorus.."This sweet song is my m-p-p-p...That's way I feel her...beat-beat-beat..."
ほら、コーラス部分でそう歌ってるんですよ。

We both know that you have a lot of party songs...mainly hip-hop.
本当にたくさんのヒップホップ系のクラブミュージックを作ってるよね!?

but do you think of any other genres?
でも、何か他のジャンルとかも考えてないの?

Ballad.
バラードかな。

Ballad?
バラード?

Ballad, yeah, but um...I tried to make it...ballad, but it has to be a party song.
そうバラード・・でもなぁ・・作ろうとはするんだけど、やっぱりクラブっぽい感じにしないとさ・・。

It has to be a...?
どんな風にしないと、って?

Party song.
クラブっぽくしないと。

So a ballad party song?
じゃあ、バラード系クラブミュージックってこと?

No, no. I tried to make a ballad, but I goes to party.
いや、違う、そうじゃなくて。バラードだけど、内容はパーティーっぽくなっちゃうの。


とりあえず、MP3は女の子を指しているってことだけはわかりました。

歌詞の中にも「Girl」とか「her」って入ってるから、ほとんどの人が気づいてるかもしれません。

でも、意外とこの曲ってうまく説明するの難しいかもしれない・・って、今、気づいた(笑)

でも、「MP3」は女の子のことだって知ってから歌詞を読み返してみると、きっと面白いと思います。

「It's time to press play on this girl♪」とか、めっちゃ可愛くないですか?


バラードに挑戦したいと言ってくれてるんですけど、

きっと、英語でバラード書くのって、相当難しいんでしょうねー。

日本語なら、綺麗な歌詞とか想像できても、英語はまたレベルが違う気がする。

バラードこそ、ボキャブラリーが豊富じゃないとね・・。

でも、めちゃくちゃ聴きたいなー仁の英語バラード。

絶対いいよ!海賊帆の「Moon River」とかしか聴いたことないけど、もう間違いないよ!

でも、まずは大人気のバラード「Eternal」の英語版を切実にお願いしたいです。


次は「Paparats」なんですー。

ひそかに待ってました、この曲!

仁から直接説明を聞くとなると、ちょっとズキっとするかもしれないけど、

でも、この曲で仁が伝えたいことは、ファンみんなでちゃんと理解しておくべきだと思うから。


それでは、今日はこの辺で。

ちゃお~。


テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

UTB ON DEMANDで「Vol.9 Hey Girl」配信開始♪

こんばんはー。

UTB ON DEMANDさんで「JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.9 Hey Girl」が配信されました。

お金払っても見たい方は、ここで見れますよー!

クレジットカードを持ってる方は楽かもしれませんね。

でも、もしお金払いたくなくても、15秒だけ見せてくれるから、

覗きに行く時は、いっつも全エピソード15秒ずつ見ちゃう(笑

アルバム買う時までお金払うのは止めておきたい・・。


今日はお休み、昼も夜も外食になっちゃいました。ちょっと、キツい。

休みの日はスイッチ切れてひたすらボーっとしちゃうー。

「MUSIC TALK」とかジャニーズネットの動画を、ぶっ通しで見てたり・・いろいろと考えたり・・

久々に2月に放送した少プレの「友&仁@日生 ステージリポート」を見ました。

ちょうど、その日が自分の誕生日だったんですよね。

すっごくキラキラしてて最高ですね。

ここから始まったんだ、って思うとやっぱりすごく感激。


赤西仁、初のソロライブ「友&仁」

近未来のクラブをイメージしたセットの中

自分が好きな音楽のビートをみんなで共有したいという想いを込めて、

作詞作曲からアレンジまでを赤西自身が手がけたという。

今の彼のこだわりとメッセージがたっぷり詰まったライブステージとなった。

ライブのテーマは「World Peace」

赤西自身が考える「愛」や「平和」への想いが散りばめられていた。

インターナショナルな感性を持ち合わせた赤西の新たな可能性を感じさせるライブとなった。



DVDになるかなあ、なるといいな~。


そう・・最近なんだか仁の方で盛り上がりすぎて、KAT-TUNのチェックが全然できてなくて、

中ぺとカツマニュは必ず読んでるんですけど、他のものは全く把握できなくて、

まあ、ただひたすら画像を保存してるくらいでしょうか・・(汗

でも、みんな元気だよね。それだけわかってれば安心です。

情報集めたり、KAT-TUNにも、もっとアンテナはってなきゃイカンって思います。


うん、それだけです・・(A;´・ω・)。


ちゃお~。


テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.9【和訳】

こんばんは~。

今晩の22時に「Twitter」で、仁へ応援メッセージを送る企画がありますYOOO!!

Twitterユーザーのみなさんも、これを期に始めた方も、ぜひ仁にメッセージ送りましょー!

私も実は半年前に始めてて、5回ぐらいつぶやいただけで、ずっと放置してしまっていたので、

これを期にまた頻繁に覗くことにしました。

~企画の詳細~

9月12日22時(日本時間)

仁への応援メッセージを書いたあとに、『半角スペース』をあけて『#jinakanishi』を入力して、ツイートします。


やることはそれだけでいいので誰でも楽につぶやけますよね。

注意
『#akanishijin』ではなく『#jinakanishi』でお願いします。
『#』も半角のシャープです。
『#jinakanishi』の最初と最後に半角英数でスペース。
『#jinakanishi』で検索すると、それが付いているつぶやきを一覧で見ることができます。


Twitterから「#jinakanishi」のページに行ってみると、

本当に世界中のファンから次から次へと仁へのメッセージがアップされています。

本当にすごいことですよ~、仁のおかげで世界中の人と出会えるなんて。

最新情報なども、オンタイムでアップされますし、とても役立ちそうです。

仁は本当に世界中で愛されてますね。

私も「mami_goingmyway」って名前で参加します。

みなさん盛り上がりましょう!



では、ここからは「MUSIC TALK」の訳です。

今回は「Hey Girl」です。


JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.9


That's not from my experience.
これは自分の経験ではないですよ。

I know.
わかってるよ。

I just made it for fun.
ただ、ふざけて作っただけです。

I think there are a lot of people who are offended.
きっと、ムカついてる女の子もいっぱいいるんじゃないかな。

I know.
やっぱり、そうだよね。

They think that it's your values and your beliefs.
たぶん、その人たちは歌詞に書かれてることが、赤西仁の価値観なんだって信じちゃってるんだと思う。

No, no it's not.
いや、それは違いますよ。

Well let's get it straight right here.
じゃあ、どういうことなのか、今はっきりさせようよ。

I jsut made it..just made it for fun.
ただ、面白半分で作っただけなんですけどね。

If you watched the show, evrybody's just having fun, messing aroud.
この前のショーを見たら、みんな一緒にふざけてて楽しそうだったよね。

It's kind of like a stupid song.
ちょっとヘンテコな曲だよね。

Yeah, it is. It is a stupid song.
そうですね。おかしな曲でしょ!?

What about the lyrics?
歌詞はどう?

Lyrics is awful.
歌詞もヒドいよ~。

Who wrote these lyrics?
誰が書いたの?

I wrote my part by myself.
自分のパートは自分でが書いたんです。

So none of this is from real life?
どのパートも自分のことは書いてないんだね?

No.
はい、書いてません。

You sure? "She's a bartender on the 2nd floor"?
本当に?「あの子は2階のでバーテンダーやってる子」ここは?

No...it's my...those are...those lyrics are from my day dream.
いや、それは・・・そこら辺の歌詞はただの妄想で・・。

Any part of it that's from real life?
どこか、自分の生活から想像して書いたパートはないの?

First two lines are from my party experience.
最初の2行はパーティーやった時のことを書きました。

Which one?
どれ?

"I'm so XXXXXX up turn the party up. Till we all puke up we chug it up".
めちゃくちゃ酔っ払ってきたからもっと盛り上がれ!全員吐くまで飲みまくろうぜ(笑!


ああ、放送禁止用語多し(爆

ちょっと訳していいのか迷う部分もありつつ・・。

最初に「Hey Girl」の歌詞カード読んだときは、ふき出しましたよ。

だって、女の子からかいすぎ(笑

深い意味でなく、ただ手拍子したり体揺らしてノれる曲があるのも大切ですよね~。

なんてったって、この曲を歌ってる時の仁はキャストとすっごく楽しそうに笑ってて大好きですもん。

この曲はただ楽しめればいいじゃないでしょうかね。


次の曲は「My MP3」

公演前に公式HPにサンプルミュージックで1分だけクリア音源が聴けたこの曲。

この曲はどの曲よりも仁の声が可愛くて、大好きです。

歌詞も繰り返しが多くて、早口でもないから、カラオケでも歌いやすそうな気がします。


まだまだ続く「MUSIC TALK」

仁もどれくらいインタビューしてたんでしょう。

自分の曲にはそれだけ愛情があるんでしょうね。

まだまだ聞かせてくださいな。


では、ちゃお~。


テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.8【和訳】

どうもです。

ファミクラで仁の最新映像が流れ始めたみたいで、

「アルバムを出すために曲作りをしている。」

本人からのこの言葉が心強いですね。

アルバムリリースのため=アルバムが出ることは確定

・・・と、勝手に解釈してしまいます。

発表すら1つも無い状態で、待ちぼうけですが、

少なくとも「アルバム発売」は100%確定に近づいてるんだろうな、と予想してます。

だからこそ、今、仁自ら声に出して発してるんだと思いますし。

もう少しの辛抱ですよ。

もう、あっちが口開くまで待つって決めたので、あんまりごちゃごちゃ言わないにしました。

なるようになるんだし。なるようにしかならないんだから。


さあさ、今週も「MUSIC TALK」の時間がやってきましたYO!!

今回は「Adjust the Love」ということで、

前回の「LOVEJUICE」、前々回の「Christmas Morning」に比べて、

きっと、この曲のテーマ「LOVE」はもっともっと深いものなんだと思います。

仁も一言ずつ考えながら、インタビュアーさんの助けも受けながら、ゆっくりめの口調ですね。


とりあえず、まずは訳してみました。


JIN AKANISHI MUSIC TALK Vol.8


It's about love.
この曲は「愛」がテーマです。

We don't know what the love is. What the actual love is.
僕たちは愛の意味を知らない。真実の愛を知らない。

So you're saying that we don't know what love is or are you saying some people don't know?
それって、人は誰も愛の意味を知らない、ってこと?それとも、知らない人もいるってこと?

Yeah, some people don't know. I don't know either.
そうですね・・・わかってない人もいる。きっと、僕自身もわかってないんだと思います。

You don't know what love is?
自分でもわからないの?

I don't know what love is...well.
ちゃんとわかっているわけではないんですよ。

I'm not a perfect person.
「愛」を語れるほど完璧な人間でもないですし。

Are you talking about love between a man and a woman.
この曲で歌ってるのは男女間の「愛」の形?

No, just love...family love...like relationship...friends.
いや、もっと単純な「愛」かな・・・家族への愛情とか・・・人との繋がり、友情とかも・・・。

There's a lot of love, but sometimes people...describe the love wrong way, not on purpose.
この世にはたくさんの「愛」が存在しているけど、僕たち人間って、ときどき気づかないうちに、愛情表現の仕方を間違えちゃうんですよ。

So...you should know what the love is more.
だから、僕らはもっともっと「愛」を知るべきだと思うんだよね。



We are losing track of actual love♪

↑このコーラスパートは、聴いてても耳に残りますよね。

「lose track of actual love」で「本当の愛を見失う」みたいな意味なので、

仁のインタビューでの言葉

「People describe the love wrong way.」に繋がると思います。


「adjust the love」っていうタイトル自体、日本語で説明するのは難しくて・・・

「adjust」は「合わせる」「調節する」「順応する」っていう意味があるんですが、

「LOVE」と繋げると、どう訳せばいいのかわからないんで・・・

とりあえず、ベーシックなメッセージは、

仁がインタビュー中「you should know what the love is」って言ってたように、

「みんな、もっと愛を知ろうよ。」っていうことなんじゃないでしょうか。


今は、間違った「愛」の伝え方が原因で、いろいろな問題が起こりますよね。

たとえば「仁を応援する」ってことだけでも、ある種、愛情表現なんだろうけども・・

「仁が好き」っていう気持ちは人それぞれで、人それぞれいろんな応援の仕方がありますし。

それが行き過ぎてしまうと、「追っかけ」とかに発展してしまうケースもありますからね。

そういう間違った伝え方によって、相手が傷つくこともあります。

だから、ちゃんとわかってなきゃいけないんだと思います。

仁に対する愛情って何なのか・・・。


他にも、D.V.や虐待やいじめ・・・もっと酷いことまで

人は「愛」を見失うと、本当にいろんな問題を起こしてしまうような気がします。


本当の意味なんてわからないけど「愛」の大切さくらいは、わかっていたいですね。

人への思いやりとか、そういう何気ないことからでもね・・。

その積み重ねが「World Peace」に繋がるんだ、ってきっと仁もそう思って作ったんでしょうし・・。


いやあ、深いね・・( ´_ゝ`)


それでは、


ちゃお~。



P.S.続きに拍手コメレスです。



続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

UTB ON DEMANDでMUSIC TALK♪

こんばんはー。

さっき帰ってきましたー。

今日は沖縄料理食べてお腹いっぱい・・・でもないけど(笑

海ぶどう、うまっ!チャンプルー、うまっ!


これは、NEWSです!

なんと、MUSIC TALKが高画質で見れるじゃないか!ウォォ、これはビッグニュース!

UTB ON DEMAND様がご親切にアップしてくださってます。神だわ。


あのね・・・ちょっと画質があまりに良すぎてビックリです。

しかもさ、わかってたけど、仁がさ、お顔全開なもんだからさ、余計にビックリ。

仁のフルフェイスをこんなに高画質で見たの、いつぶりですかね。

動画サイトの荒い画質&音質ので今まで和訳しとったのに、今やこの高画質&クリアサウンド、WOW!!

しかも、表情も生き生きニコニコしちゃって、もう・・・かーわーいーいー!

なんだよ、キラキラしちゃって、もう~!幸せそうだな、JIN AKANISHI!!嬉しい!


実は「MUSIC TALK」って、もう2ヶ月以上前の映像だったりするわけですけど、

仁のことだから、今もこんな感じで笑ってるんではないでしょうかね。

ホント、良かったよかった。やっと綺麗な映像で見ることができて、嬉しかったです。

和訳をしたっきりでずっと見てなかった映像とかも、

これからは、こうやって見たいときに見れると思うと嬉しいです。

ありがたや、UTBさま。ありがとうございました。

いや~、しっかし、よく笑ってるな~仁。

英語の発音も良く聞こえて、これ天国だわ。


ちょっと前まで有料だとかいう話だったそうですが、

私が今行ったら「Vol.7,6&5」をフル見れました。

他のエピソードも見れるのかわからないですが、

とりあえず今週末の「Adjust the Love」が楽しみです。


そして、本当は今から中丸君へ頭を切り替えたい、自分。

でも、今日はUTBを見ながら、ハピバ記事書こうじゃないか~!


では、


みなさま、夜中も高画質な仁に酔いましょう~。


ちゃお~。



テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。