スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪. ・:*:・Spring Voyage・:*:・.♪

こんばんは~♪

さっきまで大嵐でした。
電車もたくさん止まってたみたいですね…。
昨日から風は強かったけど、さらに酷くなってる><。

KAT-TUNは北海道公演でしたね!
亀ちゃんの様子が特に気になってましたが、無事に2日間終了して良かった。
みなさんお疲れ様でした♪

仁は、ここ2,3日「MTV IGGY」のTwitterに登場してますね♪
珍しくセルフポートレートなんかもあったり!
インタビューももうすぐアップされるようなので、楽しみにしていようと思います。

最近、シーにインしても2~4時間くらいしかいれないことが多かったんですけど、
昨日のお昼に久々にのんびりインパすることができまして…
写真をたくさん撮ったので、久々にこちらに載せようと思います☆ミ

今日は完全にディズニーブログだな…!
昨日はすっかりグリ充で、オールスターズに会ってきました♪
DSCF1679_convert_20120331230314.jpg
ギャー!イケメーン☆+:;;;;;:+☆ヾ(*´∀`*)ノ☆+:;;;;;:+☆

kako-bYRW95kwAmhnKfMl.jpg
可愛いぃぃぃ(●♡∀♡))ヾ☆*。

kako-awjA9tOfzo156DmP.jpg
なぜかモデルポーズなグー様…(*´pq`)(笑)

DSCF1691_convert_20120331230646.jpg
あ!なんかミッキーとポーズ似てたドナちゃん(笑)

今の時期は学生が多くて、アトラクションばっかり混んでますね。
グリーティングはどれも30分くらいで楽でした♪
だからついグルグルグルグル(; ̄ー ̄A
ミシカとBBBも観れて大満足の6時間でした!

続きに4月2日から始まる「スプリングヴォヤッジ」のデコレーションを載せようと思います。
イベントに向けて、パークのデコレーションはほとんど完成していましたよ♪
やっぱりダッフィーのイベントなだけあって、ダッフィーがたくさん!
写真いっぱいになってしまいました…興味ある方はどうぞどうぞ!

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : Tokyo Disney Resort
ジャンル : 旅行

☆少クラ 増刊号スペシャル☆

こんばんは~♪

さっき、少クラの増刊号の放送を見ました!
家に帰ってきたころにはもう始まっていて、録画できず…でした。
Pちゃん特集と亀ちゃん特集、KAT-TUNの過去映像もたくさん流れて、嬉しかった~♡

まだファンじゃなかった頃の映像を見ても、自然と「懐かしい…!」と思ってしまうんですよね。
いつどこでどの映像を見たのか、今はもう記憶があやふやなんですけど、
どれも見たことある映像ばかりで、何回も何十回も、いや何百回も見たものばかりで。
初めてその映像を見た時の衝撃とか、感動とか、一瞬でブワッと蘇って、ゾクッとしてしまいました。

なんでしょうね…
ジュニア時代のKAT-TUNのギラギラしたオーラ。あの『攻』オーラ。
パフォーマンスを見れば見るほど、画面からでもビシビシ伝わってきますね。
それに、今だからこそわかるジュニア時代の魅力も、いっぱいありますよね。
こうして過去を振り返ることで得られるものって、自分にとってすごく大きいな…と思いました。
あの頃だからこそできた、あの頃しかできなかったことも、いっぱいあるんだよね…
逆に、今だからこそできる、今しかできないことも、いっぱいあるよね…
KAT-TUNも、仁も。6人みんなそれぞれ。

当たり前のように、そこに仁がいること。
楽しそうに歌って踊って笑ってる姿を見て…
『KAT-TUNのA』という居場所にいたあの頃の仁も、
心から誇りに思うことができました。
改めてその想いが強くなりました。
あの頃があったから、今の仁がいるんだと。

また、あの頃を振り返る、今の亀ちゃんの姿を見ていて、
なんか改めて「大人になったな…」って、しみじみしちゃいました。
いつの間にこんなに大人になっちゃったんだろう…
ついこの間まで十代だったのに…
本当に時間が経つのって早いですね。

今日改めて思いました…
過去のKAT-TUNも、今のKAT-TUNも、すごく輝いてる。
どの時代の、どの色のKAT-TUNも、大好き。
ずっとKAT-TUN応援してきて良かった。

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

ペナルティー

赤西仁、黒木メイサとの「電撃婚」でペナルティー 日本ツアー中止!負債数千万円は自腹!!
スポーツ報知

 今年2月、女優の黒木メイサ(23)と電撃入籍した歌手・赤西仁(27)について、所属するジャニーズ事務所が一連の騒動に対するペナルティーとして、今年4、5月に開催予定だった日本ツアーを全日程、中止したことが24日、分かった。これに伴い発生した負債は赤西が全額負担することになる。「ファンの皆さんや関係者に大変なご迷惑をおかけしたことを心からお詫びしたい」とコメントしている。

 電撃婚の代償は高くついた。日本ツアーの中止、および費用負担という厳しい措置が赤西に科されることが分かった。

 この日、ジャニーズ事務所はスポーツ報知の取材に文書で「この度、当事務所所属タレント赤西仁が本年2月2日に入籍をしたとの報道が2月9日にあり、同人がこの点を事実と認め、同人より、FAXにて関係各位にご挨拶とご報告をいたしました」と事実関係を改めて説明。その上で「本件のペナルティーとして」とツアーを中止することを認めた。「負債が発生した場合は同人の責任において誠実に対応をすることとなりました」としている。

 今回のツアーは3月7日に発売したソロアルバム「JAPONICANA」を引っ提げ、同9~17日に行われた全米ツアーに続く凱旋公演として、全国5都市(日程は未発表)で計7万人を動員する予定だった。中止に伴う負債額は公表されておらず、チケットもまだ発売されていなかったが、通常、アリーナ規模の会場のキャンセル料は100~200万円程度。これを考慮すると最大で数千万円程度を赤西が負担するとみられる。

 赤西は交際から入籍に至る一連の経緯が事後報告だった、と言われている。結婚報道直後、ジャニー喜多川社長も「報道で知った。こういうことがあっては困る。責任者として考えなければ」と苦言。メイサの所属事務所やスポンサー等に対しての影響を考え、事務所として、キッチリとケジメをつけさせた形だ。

 赤西は「社会人として礼儀を逸したことを深く反省し、ファンの皆さんや関係者にご迷惑をおかけしたことを心からお詫びしたい」と文書で陳謝。ジャニーズ事務所も「契約いただいているレコード会社ほか多数の関係各社の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしました。誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます」としている。





ステージで歌い踊ることが大好きな彼から、その大好きな場を奪い、キャンセル料も全額自腹で払わせる。
それが彼への最大のペナルティーだと、事務所はそう決断したようです。
確かに、本人には相当なダメージでしょうね…。
歌えない、踊れない、ファンに何も言えない。
アーティストとして、ファンが待ってるステージに立てない…って、ホントに辛いんだろうな。

ツアー自体は、正式に開催が発表される前に中止が決定。
確かにファンを巻き込んだ形のペナルティーなのかもしれないけど、
この発表の形はファンのダメージを少しでも減らすためなんでしょうね。

私自身、正式発表されてもいないものを「中止!」といわれても…
全くピンと来なくて、全くガッカリしてなくて、全く傷ついてなくて、
正直、何の実感も沸かなかった。
ワクワクもドキドキもしないままで、何をガッカリしろっていうんでしょう…。
Twitterでも、自分と同じようなファンの声もたくさん見かけました。

事後報告に対してのペナルティーの報告なのに、事務所も完全に事後報告なんですけど、
こういう形で、ファンにダメージの少ない形で、中止の発表でよかったのかもな…。
(日本のファンみんながみんな凱旋ツアーをずっと楽しみにしてた。
それは、もちろん当たり前ことなんですけどね…)

それにしても、今日1日でホントにホントにいろんな意見を見ました。
とにかくプラスもマイナスも考え方が何十通りもありすぎて、
ファン1人1人、世間、いろんな価値観や基準があるんだな…と。
共感できる意見も、理解できない意見も、それぞれありました。

私自身…この発表だけを見ても、水面下で何が起こっていたのかわからないし、
マスコミの報道だけを信じて、勝手に想像を膨らませるのも気持ち悪いし、
どれが真実で、どれが嘘なのかもわからないまま、
事務所の想いも、仁の今後もモヤモヤしたままで、
正直、なんて言えばいいのか全然わかりません。

一つ言えるのは、ファンとしての軸は1ミリもズレていないことでしょうか…。
大きな夢見ながら、JIN AKANISHIを応援するだけ。
マイナスもプラスに変わると信じて、前向きに。
気持ちは今までと何も変わりません。
こんなことで変わったりなんかしません。

愛されるアーティストになりますように…。
日本でも、世界でも、人種や言葉の違い関係なく、
いろんな人たちに仁の音楽を聴いてもらえますように…。
仁の作り上げた音楽には何の罪もない。
大好きな音楽を、今までと変わらず愛していくだけです。

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

examiner.com: Q&A with Jin Akanishi on "Japonicana" and his American Tour【和訳】

こんばんは~♪

ワーナーのスタッフさんが、全米ツアーの各会場のレポを上げてくれてて、
今日は最終地のサンフランシスコのレポがアップされましたね♪
ダブルアンコのBGBは、まさかのiPod音源ww
ツアー後の打ち上げも盛り上がったみたいで!

「ファンとの絆」か~…ホントにこれが一番大切だと思うわ…。
やっぱりライブで直接音楽を聴いたり、言葉を聴いたりするのが一番ですよね。
久々にガッツリKAT-TUNのライブを楽しんでみて、ライブの大切さっていうのをすっごく感じてます。
同じ時間に、同じ場所で、みんなで騒ぐって、本当に最高ですよね。

今日もインタビュー訳してみました♪
これはきっとニューヨーク公演前のインタビューですね。
ホントについ最近のだな…。
続きに入れますね~!
ちょっっっとだけ長かった、いつもより。
examiner.com

続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

Nichi Bei: Moving to the international rhythm of Jin Akanishi【和訳】

こんばんは~♪

今朝からWSやWEBで全米ツアーの話題が上げられてましたね☆ミ

JIN AKANISHI、全米<JAPONICANA TOUR>大盛況
BARKS
JIN AKANISHI(赤西仁)2度目の全米TOURとなる<JAPONICANA TOUR>が3月9日ロサンゼルスClub Nokiaを皮切りにスタート、日本時間3月17日(土)18時にバンクーバー公演、ホノルル公演、NY公演を経てサンフランシスコ公演にてグランドフィナーレを迎えた。

当<JAPONICANA TOUR>ツアーのコンセプトは、感情と動きを出来るだけリアルに表現し、そして何の制限もつけないことにある。アメリカでのデビュー・アルバムだからこそ、赤西自身と赤西の音楽を中心におき、エネルギッシュなダンス・トラックをダンサー6名との連携で表現している。

赤西本人が“会場と一体になってとにかく楽しむこと”を最大のテーマとしており、ファンが共感してくれることが一番重要なことと語っていたものだ。その思いに応えるかのように、ツアー中に米ビルボードのダンスチャートではアルバム『JAPONICANA』は10位をマークし、着実に米国リスナーの心を動かしてきた。

最終日のこの日は、「Sun Burns Down」のイントロで幕が開き、6人のダンサーが現れると会場は大きな歓声に包まれた。曲途中に白いサングラスを掛けたJINがステージに登場。今回のライブの見せ場の一つであるダンスのシンクロも決まり、早くも会場のボルテージは最高潮を迎えた。畳み掛けるように2曲目「Tell Me Where」では曲間にご当地挨拶MCがアドリブで入り、どの会場でも大ウケとなっている。一通り会場のオーディエンスを温めたところで、「Set Love Free」「Body Talk」「Like You」ミッドテンポ~バラード曲が続き、しっとりとしたダンスと歌をしっかり聞かせる。前半ラストはパーティー・チューン「Pin Dom」で締め。

途中、インターミッションが入り、ダンスのセクシーさが際立つ「What's That She Said」で幕開け。曲途中でドリンクとiPhoneを片手に、客席を動画撮影しながらJIN再登場。ダンサーとの絡みが刺激的で、思わず客席から悲鳴に近い歓声が上がる。そのまま一気に「Aphrodisiac」に突入し、JINの熱いシャウトがオーディエンスを扇動。全米デビューシングル「Test Drive」、続く力強いパフォーマンスの「Yellow Gold」で、いよいよライブも佳境を迎える。ストーリー仕立てで、JINと楽しげなダンサーとの絡みが見れる「Oowah」を挟んで、LAのみで披露された「Club Mix」では、ゲストMCのProphetとJINのフリースタイルが。本編最後は「California Rock」で、客席も興奮の坩堝へ。アンコールではJIN流に感謝の気持ち込めて「Seasons」を届けた。

「ツアー中は、とにかく時間の経つのが早かったです。まだまだやれそうな感じです。これからアジアとか、ヨーロッパとかも。今日来てくれたお客さんはもちろん、このツアーに来てくれた方、日本からわざわざお越し頂いた皆さま、全ての方に感謝です。“ありがとうございます”」──JIN AKANISHI

3月7日(水)に日米同時発売を果たした全米デビュー・アルバム『JAPONICANA』は、US iTunes Dance Albumチャートで最高位2位を記録、米ビルボードdance/electronic album chartでは初登場10位(3/24付)をマークするヒット作となった。この<JAPONICANA TOUR>ではアルバム収録の全楽曲を全公演で披露し、2度目となる全米TOURは大盛況のもと終了となった。

凱旋ツアーも、アジアツアーも、ヨーロッパツアーも、叶ってほしいなぁ(人´㉨`)♡

WSでは『SUB BURNS DOWN』の映像がたくさん使われてたかな???
ライブ映像に加えて、舞台裏の映像や、インタビュー映像もちょろっと流れたりしましたね。
ぜひぜひまとめてDVDにしていただきたい…!゚+。(o・ω-人)・.。*

なんか本当にあっという間に全米ツアーが終わってしまって、
始まった感覚も、終わった感覚も、全く感じないんですけども。
(たぶん、参戦してないからだと思いますけどww)
Twitterの賑わいで、現地の様子を知ることができてホントに良かったな…と思って。
これから、仁はちょっとはお休みできるのかな?ゆっくり休めてるといいな♪

『JAPONICANA』ツアーは終わっちゃったんですけど、
インタビューがまだいくつか残ってるので、訳しちゃえ(^□^*)!!
オーラスのサンフランシスコ公演前のインタビューです♪
Nichi Bei
続きに入れるのでよかったらどうぞ♪

続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

3月16日 KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN in 福井【レポ】

こんばんは~♪

仁の「JAPONICANA TOUR」も無事に全公演終了しましたね\(○^ω^○)/
仁も、ダンサーさんたちも、スタッフさんたちも、参戦されたみなさんも、お疲れさまでした!
2度目の全米ツアーでしたけど、今回も最高に盛り上がったみたいで本当に良かった!
アメリカでも、たくさんんのファンと仁で最高の時間をシェアきたんですね。
これからも、凱旋、アジア、ヨーロッパ、世界と、どんどん大きく広がってくれるといいな☆ミ

さ!16日にCHAIN魂の福井公演に参戦してきました!
いやはや、本当に本当に本当に楽しかった~ヾ(≧∇≦)ゞ!
初めての福井だったんですけど、人も温かかったし、ライブも熱かったし、
時間がゆっくり流れてるような街もすごく心地よかったです~♪
ライブ会場も狭くて、熱気もすごくて、大好きになりました。
また機会があったら行きたいな♪
そうとう長いレポを書いたので、続きに入れますね。
良かったら読んでやってください(人´∀`).☆.。.:*・

それでは、ちゃお~。

続きを読む

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

POPJNEO: Interview with Jin Akanishi【和訳】

こんにちは!

2012年3月11日。
こちらは快晴です♪

120311_1444~01

震災から1年が経ちました。
あの日、私は家族でただ一人帰宅困難者になってしまい、
電話でもメールでも、なかなか連絡が取れず、
家族にも友達にも本当に心配をかけてしまいました。
正直、自分自身も心配と不安でいっぱいでしたが、
Twitterを通していろんな情報を確認したり、いろんな方からリプ・DMをいただいて、
孤独を紛らわすことができたし、心から励まされていました。
あの時、Twitterを通じて声をかけて下さったみなさん、本当にありがとうございました。

東北の被災地のことを思うと、言葉が出てきません。
被災者の計り知れない悲しみ考えると、簡単に言葉を発することができません。
1年経っても、ちっぽけな自分に何ができるのかと考えてしまいますが、
ただただ復興を祈ることと、少しですが復興の募金するくらいしか、今の私には思いつかず…。
微力だけれど、積み重なれば大きな力になると信じで、これからも続けていこうと思います。

1年前もそうでしたが、私は人と接することですごく精神的に助けられました。
長い間、人と接する仕事をしてきたので、
人と話すだけでも、顔を見るだけでも、笑い合うだけでも、
ずいぶん気持ちが楽になり、前向きになり、笑顔になることができました。
1人でいるより、誰かそばに人がいてくれたら、そばにいてくれるだけで、
それだけで自分のパワーになるんだな、と思いました。
人と人が繋がる(CHAIN)ことで、パワーが生まれるんだな、と思いました。
だから、これからも人との繋がりを大切にしていきたいです。

仁はバンクーバーでライブでしたね♪
今日も素晴らしかったそうで良かった!
スポーツでも、音楽でも、海外で頑張っている日本人は、
みんな熱くて、みんな強くて、みんな応援したくなってしまいます。
今日もこうして、母国を離れて頑張っている日本人が世界中にたくさんいるんですもんね。
誇りに思います。

LA公演の様子も日刊スポーツに掲載されました。
日刊スポーツ
「より力入れて」
赤西仁(27)が2度目の米国ツアーをスタートさせた。ロス市内のクラブノキアでツアーの皮切りとなるライブを開催した。

 観客の半数以上が白人系やアジア系の地元ファンだった。「ウォウ!」「クール!」などの掛け声も飛び、歌に合わせて踊るファンもいた。

 米国ツアーは10年11月以来。この日はアンコール曲以外12曲はすべて英語詞で歌いきった。昨年11月に「TEST DRIVE」で米国デビューし、今月に入ってソロアルバム「JAPONICANA」を日米同時発売。知名度も音楽性も徐々に浸透し始め、ライブは前回公演以上に盛り上がった。赤西も「今回は曲を知っているせいか、一緒に歌ってくれている人がたくさんいてうれしかったですね」と手応えを得た様子だった。

 ロス公演は、全米ツアーの初日。女優黒木メイサ(23)と結婚後、初めてのステージでもあった。「(結婚して)もっとモチベーションが高くなりました。より一層(仕事に)力を入れていきたい。今できていることが、これからもできれば幸せですね」。私生活の変化を、自分を高めるきっかけにもするが、仕事に向き合う姿勢は変わることはないという。「変わらずマイペースで。いただいたお仕事をやっていって、という感じですね」。ステージでは落ち着きどころか、はじけた印象を強く受けた。「あんまり覚えてないんですよ。いっぱいいっぱいだったというか。とりあえず、行け! みたいな感じ」。今後も日米を往復する生活を続けていくつもりという。

日本人の活躍を日本が注目してくれる!っていうのは、やっぱり嬉しいことです!

さ!今日も訳をアップしたいと思います。
今日は『POPJNEO』のインタビューです!
POPJNEO
今回もたくさんの質問に答えてくれてます。
ツアーが始まる前の仁の言葉と、ツアーに参戦したファンからの言葉を交互に見ていると、
なんか…嬉しくなりますね。
続きに入れるので、良かったらどうぞ♪

それでは、ちゃお~。

続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

Ibuki Magazine: Jin Akanishi Exclusive Interview【和訳】

こんにちは~♪

今日から、ついに全米ツアーがスタートしました!
初日も無事終了ということで、
仁・新生仁クルー・スタッフさん、参戦されたみなさん、お疲れ様です~(*`▽´*)♪
仁はもちろんだけど、会場にいるみんな楽しそうな雰囲気が伝わってきて、
留守番組のこっちまで幸せになりました~。

日本は寒いですね~!
寒ければ寒くなるほど、忙しくなる仕事なので、私は暑いですけど┌(。Д。)┐あはは♪
タイミングを逃し続けてずっと訳をアップせずにいたら、何件も溜まってきちゃったので、
今日は久々に和訳アップしようと思います~♪(* ̄ω ̄)v
アップされた順番とか考えないで訳しちゃってますけど、
今日は『Ibuki Magazine』のインタビューです♪
Ibuki Magazine
続きに入れますね~(○´∀`○)ノ
ツアーが始まったから、そろそろレポも上がってきそうですね。

それでは、ちゃお~。

続きを読む

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

☆3月7日『JAPONICANA』発売☆

こんにちは~♪

4日にKAT-TUN魂の京セラドーム公演に行ってきましたー!
ほんっとうに楽しかった(*´∀`*b)♪
2年ぶりのKAT-TUNだったので、どんなライブになるかドキドキしてたんですけど、
KAT-TUNらしさはもちろん、さらに成長した姿や、新しい一面も見ることができて幸せでした。

そしてなにより、KAT-TUNの5人が、会場にいる誰よりもライブを心から楽しんでいたこと。
それを見ているだけで、本当に嬉しかったし、楽しかったし、
おっしゃー!こっちも負けないくらい楽しむぞ!って気になれました。
もっとKAT-TUNを幸せにしたいし、もっとKAT-TUNに幸せにしてほしいー♪って思いました。
まだまだツアーは続くので、これからの公演も思いっきり楽しもうと思います!
あ…レポ書きたかったんだけど、テストのため書く時間がなかった。゜゜(´□`。)°゜。

そして、ついに今日『JAPONICANA』発売ですー♪
リリースおめでとうーヽ(*´∀`)ノ
仁も日生が始まる前から「アルバム出したい!」って言ってたし、
ファンも“ソロ”アルバムはずっと夢だったし、
やーやーやっと叶いましたね。

私は初回盤だけは昨日フラゲしました!
店頭で受け取るだけで感動したわ゜*。(*´Д`)。*°
写真展で何回も聴いたけど、やっぱり大音量で聴くとゾクゾクします♪
いろんなジャンルの曲が入ってて楽しいですね。ホント福袋みたい!
仁の歌声もじっくり聴いてると一曲一曲違ってて面白い!
YGT曲もそのまま収録されてて嬉しいな~!

DVDのSBD MVと『The Takeover』シリーズもすごく良かったです。
去年からのアメリカでの活動がぎっしり詰まってましたね。
やっと大画面で見れた…めっちゃキレイ!

今回は日米同時発売ということで、いろんな人に聴いてもらえると思います。
日本人とか、ジャニーズとか、新人とか、元KAT-TUNとか、
そんなこと関係なく、仁の音楽を真っ直ぐに受け入れてもらえたら、それだけで嬉しいです。
少しでも多くの人に仁の音楽が届きますように。
少しでも仁の音楽を好きになってくれる人が増えますように。
それが一番の願いです。

今夜10時から、Twitterで『JAPONICANA』の発売を記念したトレンド企画があります。
ハッシュタグ「#JAPONICANA」をトレンドに入れましょう♪
みんなでリリースのお祝いしましょうd(≧▽≦*d)

それでは、この辺で。

ちゃお~。

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。