スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Myojo&ポポロ 感想 「幸せだ」

こんばんは。

今日は朝のゴースポ特番見て、キャーキャー言って、終わったら本屋さんへ。

いつもの優しい店員さんに会うと、嬉しいんだ。

帰って読みました。

幸せでした~。


さっき、J-netの動画も更新され、聖が仁の名前を出してくれました。

「赤西もL.A.で頑張ってるみたいなんで」って。

それに「うんうん。」って頷くメンバー。

カメラに向かって手を振るゆっち。

みんな、ありがとう。


昨日は、Mステをリアタイで見ました。

ゆっちのウインク?というか、ゆっくり片目を閉じる必殺攻撃に、見事にやられました。

正直、それしか記憶にないくらい騒ぎました(爆

でも、みんなウィンク攻撃&カメラ目線攻撃が炸裂してて、

アイドルっぽくされると、ドMになるKAT-TUNファンには刺激が・・・(笑

ごちそうさまです(*´-ω-`)フゥ・・・。


では、ここからはアイドル誌の感想ですよ~。


Myojo

100522_1418~010001 100522_1416~010001

いろいろあったけど“幸せだ”と俺は言いたい。

「噛まれても、好き」
超ちっちゃい頃、犬に噛まれた。おじいちゃんが飼ってた犬。
小さい頃の記憶が皆無な俺でも、なんとなく憶えてる。ああ、痛かったんだろーさ。
でも、それからも俺ん家にはいつも犬がいて、ぜんぜん怖くなかったから、好きなんだろーね。
テンとマルも可愛かったなあ。俺がロスに留学してるときに、あいつら急に具合悪くなって、「有閑倶楽部」やってるときぐらいに、死んじゃって・・・。
マジヘコんだわ。だけど、これからも犬とはずっと一緒に暮らすと思う。


テンちゃんとマルちゃんの話をどこでも全然しないから、そうなのかな・・・って思ってたんだ。

そっかぁ、つらいね。犬との別れは。うちも今、犬がいるからわかるかも。

寝てる顔とか大好きだし、癒されるし。

ピンちゃんも大事にされて幸せだね。


「初恋、そして別れ」
別れるばかりが人生っすよ。・・・ごめん、うそですが。
とにかく小2のときの転校はつらかったって、そういう話。初恋の女の子もいたのになぁ。
千葉から東京へ。
父親の車に乗って、どんどん今までの家から遠ざかっていって、どんどんさびしくなっていった。
それが心配だったのか、父親は途中のパーキングでおみやげを買ってくれて。
転校すんのに、なんのおみやげだよ。意味わかんね。
でも、弟と2人でそれぞれなんか手に持って(俺はイルカのキーホルダーだったと思う)。
かすかに鳴る小さな鈴の音を聞きながら、千葉にいる友達や初恋のコのこと思い出してた。


仁のインタビューの中に「千葉」って言葉が出てくるのにまだ慣れません(笑

昨日、インターネットで「赤西仁 ○○市」って、名前とうちの地元名を入れて検索したら、

小学校も幼稚園もわかったんだすけど、母親に聞いてみたら知ってました。

そこではよく練習試合をやってる印象があるらしい。

「仁ってここら辺に住んでたんだって。」って家族に言ったら、ビックリしてました。

ほんと別に普通の・・・なーんもないところだから、ホント。

私的には田舎だなって思うけど、お母さんは「○○は都会な方よ。」って言ってた。そうかな・・・。

でも、こんな場所で日本のトップアイドルが生まれたなんて不思議です。

もっと地元を大事にしなきゃだね。

いつか千葉に帰ってきてほしいなぁ。


「ガマンするよりケンカしろ」
中1ではじめてのケンカ・・・あ、はじめてじゃねーか。でも、記憶に残るケンカをした。
俺さー、イジメられててね。理由?そんなのねーよ。
なんか、イジメられてて、学校行きたくねぇと心底思ってた。
で、こりゃやるしかねぇって、イチかバチか仕返しに出たワケ。
こっちは捨て身だから、ケンカに勝って、それからはイジメられなくなった。
だからさ、今イジメられてる人はガマンしなくていいよ、男だったらケンカしろ。
女の子は・・・気にすんな。そんあ奴ら無視して付き合わなくていいよ。こっちから無視してやれ。
そのうちきっとなくなるから。俺が保証してやる。


「イジメられてた」って言葉だけで、すっごい悲しいし切なくなる。

でも、経験のある人からのこういう言葉ってすっごい励まされるんだろうな。

イジメてるヤツなんて「うわぁ、可哀想なヤツ」って鼻で笑ってやればいいんだよ。

人をイジメることでしか自分を表現できない弱いヤツなんだから。

仁みたいに男でも女でもぶっ飛ばせばいいんだよ。


「初めての彼女♪」
中2のとき、彼女ができた!! 可愛かった・・・はず。
たしか、俺から告白して、なんか付き合って。
これがまた、付き合うっていっても付き合い方がわかんねーんだわ。
学校で会うし、電話で話すこともこれといってないし。
たまーに、いっしょに帰るくらいが精一杯っす。
でも付き合えてうれしかった。


中学生のカップルって本当に可愛いよね。

お互いに恥ずかしがって「学校では内緒ね♪」みたいなこと言って、

学校では隠そうとする子たちいるじゃん!?

周りからしたら、バレバレだっつーの!ってね(笑 

まさに青春だわぁ。


「キラキラ増えろ!」
ジャニーズに入ったのは、俺にとって大きな事件。
母親がなんか応募してて、なんかオーディション受けて、落ちたと思って、胸つけてた番号返そうとした相手がジャニーさんで、なんか受かることになって・・・運がいいよね。
Jr.のコンサートに出たときはビックリしたわ。
俺の衣装は、体操服みたいな白の上下なんだけど、人気ある人はなんかキラキラしたのがついてるの。
タッキーは超キラキラ。俺も徐々にキラキラしてったってことですが。あ、衣装だけね、衣装だけ。
ドラマも面白かったですよ。違う人になれるってことは普通ないでしょ。印象深いのは「anego」
俺はサラリーマンっつーのがどんなのか知らなかったから、行動ひとつひとつどうしたらいいのかわっかんなくて。
「そうじゃない」「それはダメ」って、なんか動作にしばりが多かった気がする。
自分のその息苦しさに反して、周りの人は「よかった」って言ってくれたんだよね。
え?そうかあ?っていうのが俺の実感なんだけど。
あー、いつか海外のアーティストとコラボしてーな。それが今の夢です。


人生で成功するめの運って、なんだかんだ大事なんだと思う。

運だけじゃ生きていけないのは当たり前だけど、

強運の持ち主は、勝負時に強いからさ。

「anego」今もたまに見る。まだ20だよね~。

自分と1歳差でよくあれだけやるなって・・・ドラマとツアー並行で大変だったろうなぁ。

しかも、あの頃に「care」って曲を書いてるんだよね。

「泣いた分の 笑顔が待ってる」って、5年前の仁もホントいい生き方してますね。

中丸くんの「赤西のセンス」って言葉が身に沁みます。

「負けてらんねぇな、自分!負けるか、コラ!」って思うわけですよ~。

もっといろいろ力をつけたいもんです・・・文書力とか、表現力とか、語学力とか。


ポポロ

100522_1415~020001 100522_1414~010001

100522_1415~010001 100522_1414~020001

僕の夢は海を越えて・・・。赤西仁・25歳の挑戦。

自分の力をとことん信じて力の限り頑張ってきます!


「ゆっくりする間もなく曲作り」
初のソロライブ「友&仁」が無事終わって、もう2ヶ月以上経つんだね。早っ!
やっとゆっくりできるかと思ったら、いきなりロス公演が決まって、自分でもビックリだよ。
最初に聞いたときは、正直、喜びと不安が半々って気持ちだった。
でも、そんなこと言ってる場合じゃないんだよね。曲作りしなきゃって感じで。
というのも、東京で1ヵ月公演して思ったことは“曲が足りない”ってことだったから。
でも、曲作りには生みの苦しみがあるわけで・・・。
よく「メロディーがひらめく時間ってどんなとき?」とか聞かれるけど、そんなこと俺が聞きたいよ。
それがわかってたら苦労しないでしょって。
だから、ふとした瞬間に浮かんだら書き留めたり、最近は、常に曲作りのこと考えてるよ。


「アメリカ公演も、俺らしくやりたい」
(取材の段階では)ロスでは、どんなお客さんが来てくれるのかとか、どんな会場なのかとか把握できてないからイメージできないけど・・・だからこそ楽しみって感じかな。
ただ、俺って妥協できない性格でしょ?
間違いなく本番ギリギリまで、もがきまくると思うよ。
でも、すべてを注ぎこまなきゃ、ソロライブをやる意味がないし、それこそが醍醐味だと思うから。
ひとつだけ言えることは、“俺らしくやる”ってことかな。
洋楽が大好きで、海外に興味を持って、英語を自分なりに勉強していたら、今回のような道が開けて・・・。
強い意志があれば、夢って叶うんだなって。なんか不思議な感じ。
とにかく国を超えた洋楽の本場で、自分の好きな音楽のビートやメッセージを表現できるっていうのは、最高に光栄なこと。
いろんな人に支えてもらって、せっかくもらった大きなチャンスだから、感謝の気持ちを胸に、思いっきりやってくるよ。
ロスでのライブが成功したら、ぜひ、ソロアルバムを出せたらいいんだけどなぁって、ちょっと欲張りすすぎかな。


言ってることはいつも一緒だし、ここでもたくさん語ってきたから、もう言うことないんだけど。

でも、何回もこうして気持ち聞けるとね・・・誰だって嬉しいでしょ。

別にね、周りに何言われても、もうだいぶ精神的に強くなったから

あんまり気持ちが落ちたり、不安になることないんだけど、

仁の言葉聞けば、ちゃんと軌道修正できるっていうか、

「信じなきゃいけないのは、ここにあるぞ!この人なんだぞ!大切に守れよ!」って、

何度も何度も大声で念押されてる感じ?

「言葉が聞けるだけで」安心するし、

「自分は間違ってない。大丈夫だ!」って確信もてるし、

「この人なら信じてついていける。」って自信も、

「きっと成功する!」って勇気も

「ああ、ちゃんと元気そうだな。」って元気も

なんだって一気にもらえるからさ、言葉は大切なエネルギー源です。

どんな言葉も捉え方は人それぞれなんだけど、

私は気持ち的にプラスになればなんだっていいんだ。昔から。


「幸せ」って言葉がMyojoで登場しました。

私も同じです。

「いろいろあったよ。泣いたり笑ったり。でも今、本当に幸せ。」

常に幸せだよね。

当たり前のこと、普通のことが、かけがえのないものに想えたら、それだけで幸せでしょ。

「ひとつひとつ すべてが宝物」

仁が作詞作曲した「Eternal」も、

当たり前の「幸せ」が永遠(Eternally)に続くことを願ってる歌。

今、目の前にある幸せが、どれだけ素敵か・・・

「一緒に笑って生きてる」そんなごく普通の「幸せ」って大切だね、ずっと続くといいな・・・

仁はそう歌いたいんじゃないかな。

最後の歌詞は・・・

「今日もありがとう」

一日一日、そうやって幸せに感謝しながら生きてる、ってことでしょ。

幸せって、身近なところに転がってるんだって。

私は小さな幸せをたくさん見つけていければいい。

そうすれば、いつの間にか大きな幸せに出会ったりするから。

人の幸せも自分の幸せも、素直に喜んで感謝できるような人になりたいです。




お ま け



昨日、懐かしい雑誌の記事を見つけました。

この記事、憶えてますか?


今も昔も変わらない、赤西仁の仕事観。

それは「楽しめるかどうか」だと彼は言う。

それは仕事に純粋である証。

仕事とは本来そうあるべきだろう。

楽しめて、打ち込めるもの。

その姿が魅力にも映る。

「ありのままに今を楽しむ。」

そう、常に赤西の目の前にあるのは今だけなのかもしれない。

昔がどうだったか、今後がどうなるか、過程や結果は関係ない。

「今何を欲しているのか。」

「今をどう生きていくか。」

潔さこそ、赤西の魅力だ。

揺らぐことない強さ。

思ったままを、形に、行動に、現実にして突き進んでいくカッコよさ。

強がり抜きに弱音や本音を吐けるのも、また強さにして純粋さだ。

無意識にも何もかもが魅力となる人。

赤西仁はズルい男だ。



きっと今までで一番深く、いろんな言葉を使って仁のことを語ってくれたのが、この記事だと思います。

これはほんの一部で、本当はもっと長いんですけど、

初めてこの記事を読んだとき、圧倒されたのをよーく憶えてます。


「何年たっても変わらないものがある」って、

こういうことなんだろうね。

今の仁の言ってることも、やっぱり昔と変わらないけど、それでいいんだ。

これからも変わらないでほしいです。


スポンサーサイト

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     

コメント

Secre

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。