スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JaME YOU&JIN in L.A. レポ 【和訳】

こんにちはー。

いやぁ、昨日はたくさん寝れてスッキリです。

たくさん寝た分、今日の夜は課題だな。

で、明日は髪を染めに行きますー。もうちょっと暗くしようかな。


JaMEさんに「友&仁」のレポが載ってます。

写真もいっぱいですね~嬉しい!

You and Jin in Los Angeles / JaME

では、訳していきますー。

長くなりそうなので続きにいれます。

あ、私なりの訳なので、大目に見てください。


Set list:

~OVERTUNE~
~Oruguru Dance~

01.Christmas morning
02. Bass go boom
03. Wonder (DANCE)
04 I.N.P
05. Adjust the Love
06. A Page
07. LOVEJUICE
08. Paparats
09. Hey Girl

~Intermission~

10. Yellow gold
11. My MP3
12. Tipsy Love



When it was announced that Jin Akanishi would be performing in Los Angeles, tickets were sold out practically before they even went on sale. The evening of the show, fans gathered outside L.A. Live, tickets in hand and eager to get in.

赤西仁がL.A.でのソロ公演を発表すると、チケットは発売前から売り切れ状態になった。ライブ当日、大勢のファンがチケットを手に会場の外に集まり、中に入るのを今か今かと心待ちにしていた。

Two of Jin’s dancers, Boogie and Juice, came out on stage as the hosts. They worked the crowd, bringing the energy level even higher, then introduced the exclusive video footage to be shown. The audience burst into screams as Jin Akanishi appeared on the TV screens around the theater. The short clip featured Jin giving a brief tour of the venue, and the crowd cheered giddily each time he smiled into the camera.

ショーが始まり、仁の仲間の2人のダンサー、ブーギーとジュースが司会役としてステージに登場。会場をさらに盛り上げると、公演の舞台裏映像が紹介される。大画面に仁が現れると、会場はファンの悲鳴に包まれた。その短い映像は会場の下見をしている仁の姿を追った映像で、仁がカメラに向かって笑いかけるたびに、ファンは大歓声。

After the video, another of Jin’s dancers came out to impress the fans with a solo dance. Joey Tee’s fluid movements amazed everyone, and it left the crowd ready for the dance crew that came on next, Striker All Stars. Their set, which included a mix of stomping, locking and acrobatics, was met with loud applause.

ビデオが終わると、また違うダンサーが現れ、ソロダンスで会場を沸かせる。ジョイ・ティーの素晴らしいパフォーマンスはファンを圧倒させ、次に登場したのはダンサー集団「ストライカー オールスターズ」。彼らは軽快なリズムとアクロバットで魅了し、会場は拍手喝采。

Then, it appeared that Jin had chosen dancers that were multi-talented as Dominic came out and sang. His hip-hop, R’n’B style ballads mellowed the mood of the crowd, but everyone jumped back up when another video began to play on the TVs. This video showed Jin in the process of preparing for his shows in Los Angeles: he was auditioning dancers, rehearsing and having fun with his friends.

次に多彩な才能を持ったダンサーの1人、ドミニクが登場し1曲歌いあげた。彼はヒップホップやR&Bリズムのバラードで客をうっとりと酔わせたが、大画面に再び映像が映し出された瞬間、会場はまた大興奮。そのビデオでは、ダンサーオーディション、リハーサルなど、仁のL.A.公演の舞台裏が流れた。

It culminated with Jin finally appearing on stage, and the venue exploded with deafening screams.

やっと仁がステージに登場すると、今日一番の大歓声が起こる。


~前半~


Right away, Jin showed that he was all business and started with a slow, almost mechanical dance. It seemed the theme was Jin’s arrival from outer space, which was reinforced by the futuristic images on the screen behind him and Jin’s robotically distorted voice as he welcomed the crowd. After announcing it was “time to party,” Jin moved to the drum set and opened with Christmas morning.

ショーは仁のロボットのようなダンスから始まった。近未来のようなイメージが仁の後ろの大画面に映し出され、仁のロボットのような声がファンを迎える。「パーティーの始まりだ!」の声とともに、仁はドラムセットへ移動し、一曲目の「Chiristmas Morning」へ。

The English lyrics were conveniently shown on the TV screens, allowing fans to sing along on the spot, and many did just that. Jin’s highly distorted voice took on an otherworldly quality as he led the way through a stark, eerie soundscape. There was a brief interlude as Jin quickly strummed a silver acoustic guitar, then the instruments cleared the stage and Jin was left alone, reveling in the coldly beautiful world he’d created.

ファンが一緒に歌えるようにと英語の歌詞がスクリーンに映し出されていたので、仁と一緒に歌っていたファンが大勢いた。仁の声は近未来のような世界を演出し、不思議な音の世界へと導いていく。銀色のギターを弾く場面などもあり、その楽器セットもなくなると、仁はステージに1人、冷たく美しい世界を作り上げた。

Bass go boom quickly charged things up as Jin and his dancers took the stage by storm, and the crowd only clapped harder and cheered louder as the dance track went on.

次の「Bass go Boom」では仁とダンサーたちが一気に盛り上げ、手拍子も始まり、激しいダンスシーンでは悲鳴が起こる。

Wonder, a clearly popular song, was up next, and the music video for the song was played on screen as Jin performed on stage. The audience grew almost giddy when Jin flirtatiously danced with one of his female dancers.

ファンの中では超有名な「Wonder」が始まると、大画面にはPVが映し出され、仁と女性ダンサーが絡むダンスシーンに、ファンはメロメロ。

I.N.P. The middle of the song included a mock rap battle, with Jin facing off against two of his dancers in turn. The song had a great energy and everyone in the venue was moving to the beat.

「I.N.P.」では、2人のダンサーとのラップバトルが繰り広げられ、この曲では会場全体がビートに合わせ一体となった。

Keeping up the rap flavor was Adjust the Love, a smooth rap song with a techno club beat. Jin and his friend shared the stage and lifted the audience with the hopeful lyrics.

滑らかなラップとテクノビートが印象的だったのは「Adjust the Love」。希望に満ちた歌詞とともに、仁とクルーは会場を魅了していく。

As the song finished, glowing screens were rolled out on stage and Jin ducked behind them. Suddenly, a game of “find-the-Jin” began as a few dancers dressed in the same white hoodie Jin had on ran around the screens.

曲が終わると、何枚かのスクリーンが袖から登場し、仁はそのスクリーンの後ろへ消えていく。「本物の仁を探せ!」とスクリーンに映し出されると、仁と同じ衣装を着たダンサーが何人も現れ、スクリーンの上を行ったり来たり。

Just as the fans had decided which white jacket contained the real Jin, the man of the hour appeared, sitting on the riser at the back of the stage in a black jacket. The sweet, crooning notes of A Page filtered from the speakers, and everybody sang along with Jin.

ファンがたくさんの人の中から必死に仁を探していると、ステージ後方に黒いジャケットで本物の仁が登場。「A Page」で囁くような甘い歌声で語りかけると、ファンも一緒に歌いだす。

Then it was time for Jin to don his now signature fedora for LOVEJUICE. Jin’s sexy dance moves had everyone going crazy.

仁といえば「Fedora」ハット、「LOVEJOUCE」ではハット姿で登場。仁のお得意のセクシーダンスにファンは大興奮。

The dance club setting became a clever lead in to Paparats when Jin’s good time was interrupted by hounding photographers. The belligerent song scolding the invasive media showed another side of Jin

クラブのようなセットに変わると、次の「Paparats」では、仁のプライベートをパパラッチたちに邪魔されているようなシーンへ。この曲では挑発的な曲調でいつも仁のプライベートについて回るマスコミをバカにしているようだった。

but it didn’t last as Hey Girl took over. The light, sassy song had everyone dancing again, and it was a great way to end the first half of the show.

「Hey Girl」では雰囲気をガラッと変えてきた。明るい曲でみんなで踊り、ショー前半戦を最高の盛り上がりで締めた。


~Intermission~


Right before intermission, Jin made a surprise appearance at the bar where a few lucky fans were able to see him up close. The rest of the audience watched on the TVs as Jin toasted his fans and shouted how much he loved them.

ここでスペシャルサプライズ。仁が客席の中にあるバーカウンターに現れた。何人かのファンは超至近距離で仁を見ることができただろう。 他のファンはその姿をスクリーンで見ていた。仁はファンへ「乾杯」「みんな大好きだよ。」と叫んだりしていた。

Bubbling over with joy, fans discussed the first half of the show while impatiently waiting for the second half.

興奮冷めやらぬまま休憩に入ると、ファン同士は感想を話しながら後半戦が始まるのを待っていた。


~後半~


The second half began with Jin’s dancers. Their names were put up on the screen as they each took a turn to show off their moves.

後半戦は仁の仲間のダンサーから幕が開ける。それぞれのソロダンスの間は、1人1人の名前がスクリーンに映し出されていた。

Then Jin made his return and they began a series of different dances, the most amusing and innovative of which was the “Screen Dance.”Jin’s white coveralls became a blank canvas for the lighting crew to project images on: one moment Jin was a muscular man in a tiny swimsuit, in another Jin’s beating heart was going up in flames. Jin teased the crowd, throwing his hat to them but leaving everyone pouting in disappointment when the hat swung back to him on a wire. The last dance segment was “World Dance,” which seemed to be an homage to Jin’s Japanese heritage.The girls wore kimono on stage, and Jin displayed his many faces with Noh inspired masks.

仁が現れると、さまざまな種類のダンスが始まる。中でも一番驚かされたのは「スクリーンダンス」。仁の白いカバロールは無地のキャンバスになり、そこへ照明が映し出される仕組みだ。水着を着た筋肉ムキムキの男に変身したり、ドキドキするハートが映し出されたり・・・。彼の被っていたハットを客席に投げると、ファンは一気に悲鳴を上げたが、ワイヤーによって仁の手元に戻ってくるとガッカリ(笑 最後のダンスは「ワールドダンス」、仁の故郷、日本の伝統を表すようなパフォーマンスで魅せる。女性ダンサーは着物姿、仁は能面を被り、面を取りながら次々とその表情を変えていく。

As the dancing slowly wound down, Jin jumped right into Yellow gold, an anthemic song with a strong, powerful melody.

ダンスを終えると、「Yellow Gold」では、ポップな曲調で力強く歌い上げた。

My MP3 was just the sort of candy pop to get everyone bouncing.

次の曲「My MP3」ではリズム感たっぷりに明るく。

Tipsy Love put everyone in a great mood. The laidback ballad had everyone singing in response to Jin, and the fans proclaimed their love over and over.

「Tipsy Love」ではしっとりとした雰囲気に包まれる。このバラード曲では、仁のコールに続いてファンからのレスポンスなどもあり、ファンは何度も何度も仁への想いを訴えかけた。

Finally, Jin introduced his dancers again personally, and they all lined up to take a bow before leaving the stage.

仁の仲間たちの紹介を終えると、出演者全員一列に並び、ファンへお辞儀をして、ステージを去っていった。

Unwilling to believe the show was over, many fans started calling Jin’s name, but sadly, there was no encore.

まだまだ終わってほしくないと、ファンは「仁!」と叫び続けるが、残念ながらアンコールはなかった。

With this show, Jin proved that as a solo artist, he’s got everything under control. The show was a true performance, with each part carefully planned out and perfectly executed.

今回、赤西仁はソロアーティストとして、ライブのすべてを演出。これぞ最高のパフォーマンス、どのシーンも完璧にこなす、素晴らしいショーだった。

There were two things that were a bit disappointing: Jin didn’t MC directly with the fans, and many of his new songs are heavily filtered so that his natural voice is barely heard. However, these are minor details that will likely disappear as Jin grows more comfortable performing overseas.

MCがなかったことは少し残念だ。さらに、彼のほとんどの曲は声が加工してあり、生の声を聴けることがあまりなかったことも。でも、これからの始まる全米ツアーで、さらに多くのショーをこなしていけば、きっと改善されていくことだろう。

It seems that Jin Akanishi is here to stay, so everybody had better get ready to dance!

仁はこのままL.A.に滞在することになりそうだ、みんなで踊る準備をしておこう



はぁぁい、終わったー。

こんな雰囲気です。

すっごく楽しそうだなぁ。

DVD、出してくださいー。

読んでくださったみなさん、ありがとうござました。


スポンサーサイト

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     

コメント

Re: コメレス☆ユキエさん

ユキエさん、こんばんはーi-176

訳読んでくれて、ありがとうi-233
まだまだ下手なんだけど、こんな文でも読んでくれる人がいて、少しでも役に立ててるなら、すっごく嬉しいi-184

写真もたくさん載ってるよねー。
ジャにショでも公式フォトとか発売してくれればいいのにね~。絶対売れるのに。
DVDも、アルバムも、日本とアメリカとかで同時発売とかしちゃえよ!って思う。絶対売れるのに(笑
9月の全米ツアーまでには、アルバムだけでも叶うといいなぁ。
DVDは、再来週発売の「BANDAGE」でなんとか我慢できそうだし(笑

では、私も遊び行きますーi-71

MAMIさん、日本語訳ありがとー!!
私英語があまり得意じゃないから、いっつもMAMIさんの訳が頼りなんだ(笑)
本当にいつも助かってます(^ω^)

今回のレポは写真もたくさんあって嬉しかったよね♪
本当に楽しそうな様子を見ることが出来て良かったなぁ(´∀`)
早くDVDやらアルバムやら出してほしいねー!!

ではでは、またお邪魔しにきまーす!
Secre

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。