スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asia Pacific Arts【和訳】

こんばんはー。

みなさん、今日もお疲れ様ですー。

久々に、朝・昼・晩と仕事で、ぐったりー。

仕事の休憩中と後に、また和訳をしました。

Asia Pacific Arts さんです。

今回は、今まで以上に訳すのが大変でした。

ライターさんの表現が凝ってると、訳すのも難しくて、時間も長めにかかっちゃいました(汗・・・

でも勉強になりましたよー。

私のニュアンスなのでご了承くださいませ。

では、続きからどうぞー。





Asia Pacific Arts

You & Jin: Jin Akanishi concert review


Seeing classical operas or theatrical plays begin with a human music box as an overture isn't too unusual. Seeing a pop concert begin on such a delicate note, however, is rather unique. As the lights dimmed to a solitary blue and fog filled the sides of the stage, Akanishi performed an extraordinarily accurate imitation of a windup music box figure, spinning in a half-circle before abruptly "breaking down" and reversing, taking the crowd by brief surprise before jumping onto the drums to begin the opening song.
オペラや劇の序曲がオルゴールで始まるなんてことはそれほど珍しくはない。だが、今時のコンサートとなると、あのような繊細な音で始まることは珍しい。青いライトがほの暗く光り、ステージの両端が煙に包まれると、赤西は繊細なオルゴールの音に合わせ、ロボットのように体を半周回転したり、突然壊れたように動きを巻き戻したりして、ファンを圧倒させ、一曲目のドラムパフォーマンスへとうつった。

Covering both newly-written and never-heard-before song titles, as well as popular old ones like "A Page" and "LOVEJUICE," Akanishi had the audience on the edge of their seats with anxious anticipation throughout the night. The old songs, especially, earned ear-splitting, excited screams and cheers from the crowd. Many of the songs involved brilliant light shows and elaborate choreographies, making use of the entire stage -- from the high-rise platform upstage, to props hanging in midair downstage, to even the seating sections, as flashing, multicolored lights stretched over the audience making an awe-inspiring effect. The talented backup dancers regularly pumped up the energy on stage, also adding to the audience's excitement.
「A Page」や「LOVEJUICE」はもちろん、この公演のために書き下ろした新曲たちも披露され、赤西は全観客を魅了した。おなじみの曲がかかると、ファンは耳が痛くなりそうなほどの悲鳴を上げ、最高の盛り上がりを見せる。披露された曲の多くは素晴らしい照明演出やユニークな振り付けがふんだんに使われており、会場全体を使う演出で、客席にまでカラフルな照明を照らし、神秘的な世界を作り出した。才能溢れるバックダンサー達は、ステージをさらにパワーアップさせ、観客を大いに盛り上げる。

Interestingly enough, although it was a concert in the U.S., a long way from Akanishi's native Japan, there were quite a few attendees that spoke nothing but Japanese, presumably coming all the way from Japan just for the concert. The diversity was further displayed by both the number of non-Asians attending and the fact that the audience did not comprise only of young fans -- middle-aged attendees were actually quite common, even if most were women.
面白いことに、今回はアメリカ公演だというにもかかわらず、会場には日本人もちらほら・・・どうやらこの公演だけのために遥々日本からアメリカまで訪れたようだ。観客はアジア人以外にも多様な人種がいて、ほぼ女性なのはもちろんだが、実は若者だけなわけではない。中高年のファンも多く見かけることができた。

The most memorable part of the concert was the theatrical interlude after the intermission. It began with colorful costuming, intricate demonic masks, clouds of drifting fog shrouding the walls of props, and well-coordinated choreography more fitting for the genre of world dance rather than the usual hip-hop performance. Perhaps this interlude could better be described as a "magic trick:" the characters on stage focused the audience's attention on what appeared to be the masked figure of Akanishi, only for the real Akanishi to be revealed elsewhere onstage under a splash of gold lights just in time to finish his concert with performances of "Yellow Gold" and "My MP3." Although some posts in fan forums have claimed that the interlude was an unnecessary filler, others have agreed that it was a rather refreshing dip into the quiet and supernatural.
印象に残ったシーンといえば、途中休憩の後の演出だろうか。ヒップホップミュージックでのパフォーマンスの間に加えられた「ワールドダンス」。色とりどりの衣装に、不思議なお面、巧みな振り付けで「ワールドダンス」の世界へ導いていく。マジック的な要素も含まれるため、まるでイリュージョンを見ているようだ。観客の目線をお面を被った偽者の赤西に集中させ、本物の赤西はゴールドのライトに照らされて違う場所から登場する、そんなイリュージョン的な演出もあったりするのだ。そして、ラストに向かいステージは「Yellow Gold」「My MP3」と続く。何人かのファンは、「ワールドダンス」のパートは必要なかったのではと言っていたが、他のファンは皆、あの神秘的な演出は素晴らしかったと言う。

Another hot topic on the fan discussion boards was Akanishi's English usage: although his English is rather good conversationally, as evidenced by his pre-concert video, his accent is much more noticeable when he sings. In the end, Akanishi's honest attempt at holding a purely English concert appears to have been looked upon with much favor, even if many fans wished that Akanishi had performed some of his Japanese works.
他にファンの間で話題になったのが、赤西の英語力だ。彼の日常英語はコンサート舞台裏映像を見る限りとても優れているが、歌っている最中の彼のアクセントには少し癖があるようで。全曲英語で挑んだ今回のコンサートはとても好印象だったが、実は日本語の曲が聴きたかったファンも多かったようだ。

The concert slowed to an end with "Tipsy Love." During the instrumental section, all of the performers of the night took the stage and bowed underneath the flashing lights coming from the giant snowglobe on center stage. Unfortunately for the audience, there was no encore, despite the long, continuous cheers and clapping, in hopes of hearing one more song. It was a testament to Akanishi's popularity and talent that even after the theatre cleared out, many fans outside the venue still chanted catch-phrases from songs and waited after the show to catch a glimpse of Akanishi leaving the theatre.
ラストの「Tipsy Love」で会場はやわらかい雰囲気に包まれていった。曲が終わると出演者全員が登場し、ライトでキラキラと光る丸くて大きな球体の前でみんな一斉にお辞儀の後、本編は終了。残念ながら、長い声援と手拍子を続けるファンのアンコールに赤西が応えることはなかった。会場が閉められても、たくさんのファンが会場外で曲を口ずさみながら出待ちをしている姿を見ていると、赤西の絶大な人気がうかがえた。

Altogether, the concert was everything a person wanting a good show would ask for, especially considering the pressure Akanishi was under, being the first solo artist from Johnny & Associates to perform in the United States. It's very likely that many of these fans will be securing tickets to one of the concerts on Akanishi's next upcoming U.S. Tour in October, which hits Los Angeles, New York, Chicago, Las Vegas, San Francisco, Anaheim, and Houston.
全体を通して見ると、今回のコンサートはとても素晴らしいショーだった。ジャニーズ史上初の全米デビューというプレッシャーを背負いながら、彼はとてもよくやった!L.A.公演が終わり、ファンはこれから、全米ツアーのチケットの確保に追われるのだろう。ツアーはロサンゼルス、ニューヨーク、シカゴ、ラスベガス、サンフランシスコ、アナハイム、ヒューストンで行われる。


スポンサーサイト

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     

コメント

Secre

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。