スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆壮行会 3日 2部 MC レポ☆

こんばんはー。

今日で壮行会も無事終了。お疲れ様でした。

とりあえず、大きな行事が終わってホッとしました。

今日は1部にタッキー、2部にゆっちが来て、2人ともステージ上がって話してくれたみたいで、

また仁はたくさん救われたんじゃないでしょうか・・。

2部のアンコは「Tipsy Love」も歌ったそうで、楽しそう!

私は、テストを終えてひと段落で、今はレポに励んでるところです。

まずは「追記」から3日2部のMCレポをアップします!

話した順番や口調は、違ってる部分もあると思いますが、

話した内容は全部合っていると思いますので。

亮ちゃんの登場に、いつもよりリラックスした仁です。

それでは、続きからどうぞー!



P.S.コメレス&拍手コメレスはコメント欄に入れますー。

お返事遅れてしまった方、ごめんなさい。


~MC~

仁「Body Talkどうでした?いい?」
フ「いいーー!」
仁「Body talkはアルバム出すときに日本語訳もつけるかもしれない。」
フ「わーーー!」
仁「今言ったことが嘘だったらごめんなさい。」
フ「えーーー!英語わかんない!」
仁「英語わかんない?じゃあ、俺と一緒に英語勉強すればいいじゃん!」

ここら辺で亮ちゃん登場!

亮「おめでとう!」
仁「来るのは知ってたけど、本当に花束持ってくると思わなかった。」
亮「持ってきますよ。」
仁「錦戸亮くんで~す。」
亮「どうもー。すごい人~ギュウギュウやで。緊張するなぁ。」
仁「ね~。」
亮「・・何やっとんねん。(仁がソファーに花束を立てかけようと必死)」
仁「・・・・・はい。(白いソファーの真ん中に置く)」
フ「おおおーー。拍手」
亮「誰かそこ死んだみたいになってるやん。いいから持っとけよ。ああ、ええわ、そこ置いとけ。」

仁「今日は亮ちゃんいるので、あの~日生?Hey Girl?日生でやった・・」
亮「もう(Hey Girlって)言うてもうてるやん(笑)」
仁「日生でやった、Hey Girlって曲をやりたいと思います。今日は日生に出てたJoshも来てくれましたー。どうぞー!」
Josh「よろしくお願いしまーす!」(←やっぱり可愛い、この人)
仁「じゃあ、今回は日生バージョンのHey Girl(L.A.では歌詞が変わった)です!どうぞ!」

Hey Girl 披露

Josh「ありがとうございましたー。(はける)」
仁「ちょっと、まだ後で仕事あるから戻っておいで!」
亮「どうすんの?」
仁「2人でしゃべろー。俺だけじゃ3分ももたない。それに俺しゃべるキャラじゃないでしょ!?」
亮「知るかっ!さっき、一人でしゃべとったやん。「写真撮影?いや違う・・」(仁のしゃべりの真似)・・って」
仁「ははは(笑)!」
亮「それに、俺がたぶんいても4分くらいしかもたんって。」
仁「そっか。」

仁「そこ(ソファー)座ろ!」
亮「なにこの感じ・・(笑)」
フ「見えなーーい!」
仁「じゃあ、なんでここにソファーあんの?」
亮「近くいってやれや。」
仁「よく見るといろんな人がいて面白い!」
亮「うわ、後ろまで人いっぱい、見てみお前。」
フ「(みんなで手振る)」
仁「わあああ。」
亮「すごいな~お前。」
仁「あ、もう(手振んないで)いいですよ。え?何?(ファンが叫んでる)、倒れちゃった?」
亮「大丈夫か?」
仁「スタッフさん!めがねさん、お願いします!大丈夫?」
亮「暑いからみんなちゃんと水分補給してね。」
フ「持ってなーい!」
亮「じゃあ、つば飲んどけ。俺のつば飲ませてあげる(笑)」
フ「ギャー」
亮「今、俺めっちゃ気持ち悪いこと言ったな。」
仁「うん(笑)」

亮「つーか、めっちゃ汗すごいぞ、お前。」
仁「暑いんだよーーー。」
フ「歌って~~~!!ケア!ケア!」
亮「え?そんなん言われたって、絶対に歌わないですけどね。」
仁「いいじゃん。NewSとか歌えば。」
亮「歌っても、お前知らんやろ。」
仁「知ってるよ。(ライブ)見に行ったしー。」
亮「そうだ、こいつ見に来たんですよ。この前。」
フ「知ってるー!行ったー!」
仁「あれは?チェリーッシュ、チェリーッシュ♪」
亮「え?」
仁「なんだっけ、こうやって歌いながらはけるやつ。」
亮「だから、チェリッシュやろ?」
仁「そう。それ踊ればいいじゃん。」
亮「踊るのとか無理。」
仁「なんで?」
亮「自分が踊ってる映像とか恥ずかしくて見れへんねん。」
仁「ふふっ(笑) じゃあ、いいよ。」

亮「前、なんかお前の作った曲、聴かせてくれたやん。聴いて~、って。」
仁「Body talkを聞かせたんですよ。」
亮「いつも「亮ちゃん聴いて~」って聴かせてくれるんですよ。いいでしょ?」
フ「いいなあーーー!」
亮「フフ(笑)」
仁「Hey Girlも家で一緒にトラック作ったんだよね~?」
亮「そう、俺んちでな。」

仁「じゃあ、ちょっと質問コーナーやろ。Josh持ってきてー!」
Josh「はーーーい。」(←可愛い!)
仁「ここにアンケート入ってるんで、じゃあ、Josh1枚ひきな(1枚ひく)。」
Josh「はい。(仁にあげる)」
仁「読んでみな。(Joshにあげる)」
Josh「う~ん、漢字読めません。」
亮「そうや、読めないに決まっとるやん。なんで虐めんの?なぁ?」
Josh「亮ちゃん、ありがとう!」
亮「お前が読めって。」
仁「はい、好きなタイプ・・じん、ありがとうございます!赤西仁を工具に例えると」
亮「こうぐ???」
仁「工具に例えるとノコギリ・・カッコいいから。質問・・僕のお母さんと結婚してくれますか?」
フ・亮「爆笑!」
仁「いや、大変なことになっちゃうでしょ。それに、9歳の男の子とかねぇ、いろいろ大変だから。だから、ちょっと時間おこうか(笑)。来年また質問してよ。」

仁「次、亮ちゃん引いて!」
亮「俺?えーーーっと・・ちょっと!(仁が紙を覗く) 何のぞいてんの?」
仁「なんで?」
亮「何、先に答え考えとこうとしてんの。」
仁「いや、アドリブきかないのもあるじゃん。」
亮「○○さん、好きなタイプJIN AKANISHI」
仁「Yeah!!」
亮「赤西仁を工具に例えると、接着剤・・ファンをなかなか離してくれないから。」
フ「Fuuuuu!!」
亮「質問・・今日のパンツは何色ですか?」
仁「今日?濃い青」
亮「見せてみ~や。」
仁「・・・ほら!」
フ「ギャーー!」
仁「・・・どうしたの?(笑)、男が女の下着見て興奮するのはわかるけど、女は男のパンツで興奮すんの?」
フ「するーーーー!」
仁「今、一番前の人だけ、めっちゃ首傾げてた(笑)、こ~うやって。」
亮「うそ。」
仁「きっと、真面目な人なんだろうね(笑)、いや、私はちょっと・・みたいな。」
フ「亮ちゃんはーー?」
亮「俺?何色かなー。」
仁「見せてよ!」
亮「いいけど、俺の黄ばんでるで。」
仁「あっははは!なに、黄ばんでるって(笑)
亮「よし、次。」

フ「(亮ちゃんが引いた紙の答えがスクリーン越しに見えてファンがめっちゃ叫ぶ。)」
亮「何?聞こえない!わかった、一人だけしゃべって!」
フ「(何人もしゃべる)」
亮「一人って言っとるやろーーー!!!!(ブチギレ)」
フ「好きなタイプー!」
亮「好きなタイプ?○○さん、好きなタイプ、内ひろき。」
仁「こるぁぁぁ!次!」

亮「○○さん、好きなタイプ、赤西仁。嫌いなタイプ赤西仁。」
仁「なにそれ!」
亮「好きだから、直してほしい部分もあるってことやろ。」
フ「あああ~。」
亮「工具に例えるとドライバー・・私のハートにグイグイくるから。」
フ「Fuuuuu!!」
仁「グイグイ・・・グイグイって何?」(←うわ始まった・・・)
亮「そりゃ、みんなそれぞれのグイグイがあるやろ。」
仁「じゃあ、亮ちゃんのグイグイって、どんな?」
亮「どんどん引っ張っていく、みたいな。仁は?」
仁「俺?・・・(空中で肘をグリグリする)」
亮「なにそれ?それはグリグリやろ!とか言ってほしいの?」
仁「グイグイやろ!って言って。」
亮「え?」
仁「グイグイやろ!って言ってよ。」
亮「・・・グイグイやろ!」
仁「(会場シーン)・・・はい。」
亮「うぅぅ~わ。なにこいつ。ねぇ、みんななんでこんなヤツについて行けるんですか?」
フ・仁「爆笑!」

亮「質問・・ここで、今の心情を俳句にしてください。」
仁「えーーーー!」
亮「早く!できるやろ!?」
仁「昔から 苦手なんです こういうの」
亮「・・・今のがAパターンで~。」
仁「ねぇ~~~~、そういうの関西人のノリやめよ。それね、関西の人の悪い癖だよ。人をからかって、笑いをとるって。」
亮「ええやん、Bは?」
仁「本当に 苦手なんです こういうの」
亮「同じやん。」
仁「これアドリブじゃないもん。2回目じゃ、もうアドリブじゃないじゃん。考える時間があるじゃん。」
亮「じゃあ、また何か考えついたってことですね、どうぞ(笑)」
仁「ちょっと~!やめてってば~~~!」
亮「わかったじゃあ、これで本当に本当に最後にするから。そういう感じじゃなくて、ちゃんと心のそこから言えや。」
仁「・・・あわよくば・・・ちょっと待ってね。ダメだ・・。」
亮「大丈夫、大丈夫、ノってきてるから。」
仁「あわよくば!AとかCは 無しにして」
亮「はぁ。次!」

亮「○○さん、好きなタイプ、もちろん赤西仁、嫌いなタイプ、困らせる赤西仁。」
フ「あぁーーー。」(←めっちゃ素直な反応。)
仁「いや、僕は完璧なんですよ。」
亮「自分で言うなよ!」
仁「僕は与えられたものの中ではベストをつくすんです。ちゃんと先のことをみこーして。」
フ・亮「……………???」
亮「なんて言った?今」
仁「みこー」(←最初、尾行って言ってるのかと思った・・。)
亮「先を見通してとか、見越してならわかるけど…。なんなん、みこーって。」
仁「俺はそこをのばしたいの。」(←ばか・・)

亮「次の質問・・大阪のおばちゃんは好きですか?」
仁「好きですよ。」
亮「どんなところが?」
仁「なんかバァァ~!!って感じが。」
亮「うるさいってことですか?」
仁「うるさいとは言ってないです。」
亮「確かに、俺が言ったな、今(笑)」

仁「こうやって、ちゃんと話すの久しぶり、初めてじゃない?」
亮「初めてではないけどな。4日前にそば食べに行ったよね。」
仁「そうそう。」
亮「鴨せいろそばの鴨ぬき食べたんですよ。バカでしょ!?」
仁「ウーロンハイのハイ抜いた感じ。」
フ「(シーン・・)」
亮「うわぁ~~~。」(←このときの亮ちゃんの呆れた表情が面白すぎた。)

仁「そろそろ次いきますか。じゃあ、ありがとね。」
亮「うん。あの、こいつ愛想はないけど、センスはあるんで。本当にいいヤツなんで、頑張って、って言ってあげて。」
フ「頑張ってー!」
亮「じゃあな。」
仁「はーーい。」

仁「今回はなんのための壮行会かっていうと、全米ツアーをやるんです。」
フ「(拍手)」
仁「タイトルが「YELLOW GOLD TOUR 3010」っていうんですけど・・3010っていうのは、今回のツアーが結構フューチャリスティックな、近未来的なステージなんです。だから、3010にしちゃえ!みたいな。間違いではないのでね。L.A.公演で披露したんですが、日本でこの曲歌うのは初めてです。」
フ「イェェェー!」
仁「(スタンドマイクの調節に手こずる、仁)・・・それでは、YELLOW GOLDです!」

~MC 終了~




亮ちゃん、神!ありがとー!

MCでは、愛される馬鹿で可愛い、いつもと変わらない仁が見れました。

スポンサーサイト

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     

コメント

拍手コメレス Pさん

Pさん、レポ読んでくださって、ありがとうございます。
4日の公演はどうでしたか?
黒髪になって、ますますカッコよく変身していましたね。
しかも、期待以上のMCで、歌ってる仁には敵いませんが、おしゃべりしてる仁もすごくかわいくて、感激してしまいました!
亮ちゃんのおかげで、すっかり安心して、口数も多くて、本当に感謝です。
ファンの想いはちゃんと届いてるんじゃないかな、と思いました。

拍手コメレス 仁LOVEさん

はじめまして、拍手コメントありがとうございます。
壮行会、無事終わりましたね。
公演前、全国の仁ファンのみなさんのいろんな想いを思い出していました。
この日を、ずっと待っていたファンの気持ちは、きっとZeppに届いていましたよ。
仁は何も変わっていないようで、すごく成長していて、すごく頼もしく見えました。
来年の全国ツアーが楽しみですね♪

拍手コメレス 仁とびさん

こんにちは。
仁とびさんは3日1部に参加されたんですね。
2部でも、緊張の中にも、落ち着きがあった気がします。
本当に、送り出すということより、「おかえりなさい。」の気持ちの方が強かったような・・。
たくあんラー油の話が出たんですね!?
2部のアンケートの質問欄に「たくあんラー油」のこと書きました(笑)
壮行会も全公演無事に終了して、全米ツアーへまたさらにステップアップしていってくれるでしょうね。

Secre

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。