スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★☆2010年 今年も1年ありがとうございました☆★

今年も今日で終わりです。

いったい、いつのまに365日も時が過ぎていたんでしょうか。

とにかく激動の1年でしたね。

今まで生きてきた中で時の早さが一番早く感じました。

みなさんにとっては、どんな1年でしたか?

1年前の今日、こんな未来を想像できていたでしょうか。

何もかもが新鮮で、ひとつひとつの出来事が濃かった。


私は楽しかったです。

いろいろ考えたんですが、やっぱり最初に思い浮かぶ言葉はこれでした。

ファンになってこんなに泣いたこともなかったし、振り回されてばっかりだったけど、

今こうして、仁ファンで幸せ、ハイフンでいれて幸せだって言える自分がいるんですから。


まず、KAT-TUNのみんな、いっぱいの愛をありがとう。

前を向いてる姿に、いつも励まされていました。

仁が日本にいないとき、寂しいとき、とびっきりの笑顔でパワーをくれて、ありがとう。

今年のツアーで、どれだけの多くの人達が支えてくれているのか、十分伝わったはずです。

大丈夫、どんなことがあっても、みんな5人の味方ですよ。ハイフンでいますよ。

だから、2011年も、そのまま走り続けてください。


そして、仁さん。

本当にたくさんの曲を披露してくれましたね。

曲へ込めたの想いをたくさん語ってくれましたね。

嬉しかったよ。

ソロとして、新たなスタートをきり、不安も多少はあったと思います。

でも、仁の音楽への純粋さを、真っ直ぐ評価してくれる人がいた。

大きなチャンスを手に入れることが出来たのは、仁の努力の賜物です。

まだ26歳の歌手で、全米ツアー・全米デビューまでたどり着いたんです。

次々と夢を実現させていく姿を見て・・・「仁のファンでよかった。」って何度も思いました。

ファンみんな、仁のこと、仁ファンでいれること、誇りに思ってます。

まだまだ走り出したばかりだけど、これからも仁らしく。

来年は、もっともっと大きな夢に向かって羽ばたいてください。


この激動の1年、一人で乗り越えてきたわけじゃないです。

ブログを読んでくださる方、お友達、彼ら6人を応援してくれてる方々の存在に、どれだけ救われたか。

2010年は、本当にたくさんの出会いに恵まれた1年でした。

私に構ってくださったみなさん、ありがとうございました。

私の和訳を読んでくださったみなさんも、本当に感謝です。来年も続けていきます。

温かいコメントや、楽しい思い出にいつもたくさんパワーをいただきました。

同じ気持ちを共有できる方たちの存在がとても心強くて、嬉しくて、感謝してもしきれないです。

今年も1年、ありがとうございました。


そして、私の一番の支えだったのは、6人の笑顔。

1年のうちに、どれだけたくさんの幸せをもらったことか。

KAT-TUNのライブに行ったときも、仁のライブに行ったときも、

みんなすっごい楽しそうに笑ってて、すっごい幸せそうで、

ただそれだけで、すっごく感動して、すっごい嬉しくて、本当に安心できました。

大好きな人たちにはいつまでも笑っててほしい。

「その笑顔を守りたい」って、心から思います。


たとえ道が分かれてしまっても、自分の仕事に誇りを持って、それぞれ幸せに生きてほしい。

これからも、明るく前向いて生きていってほしい。

そんな姿をファンとしてずっと見守っていきたい。

何万通りもある応援の仕方・・・私はその中の一つにしかすぎないけど、

これからも今までと同じように6人を応援できれば、私は幸せです。


たくさん泣かされたのに、今、誰も嫌いになったりしてない。

みんな大好きだよ。

仁、亀、じゅんの、コーキ、たっちゃん、ゆっち…いや、中丸(笑)

みんな好きだから、みんなのこと応援したい。

それだけです。

1年たってたどり着いたのは、こんなに単純な答えでした。

2つの道に分かれてしまっても、絆は消えません。

いつまでも色あせない大切な思い出がある。

どこかでお互いが繋がってるって信じてる。

これからもきっとお互いに刺激し合える。

これからも6人の気持ちを大切に、私は後ろからついて行きます。

今のみんなの笑顔がずっと絶えずに、6人もファンも、もっともっと幸せになれますように。

みんな、幸せになりましょうね♪

来年も笑顔いっぱいの幸せな1年にしましょう!


今年も1年、お世話になりました。

ありがとうございました。


MAMI


P.S. 続きには、2010年、仁、KAT-TUN、そして6人を支えてくれたいろんな人たちからのたくさんの嬉しい言葉たちを振り返りました。(太字は仁です。)

拍手コメレスはコメント欄に入れます。

1月
「やりたいこと、やれてる。そのときそのとき楽しい。」

2月
「まるで日本ではないような楽曲とショーの雰囲気を楽しんでほしい」
「機会があれば、どんどん自分が作ったものをお披露目していきたい」
「僕側として応援してくれてる人もたくさんいる」
「分かってくれる人だけ、分かってくれればいいな。」

「誰もが満足する内容。不覚にも満足して帰りました。」
「いつだって、やらされているのではなく、やっているんだな”という感覚」
「もっともっと、たくさんの人たちに見てもらうべき」
「誰が見ても、何も感じずには居られない時間」
「赤西仁さん最高です!“友&仁”という素敵なショーで出会えた全てのみなさんに感謝」

3月
「メンバー1人1人が今、与えてもらったチャンス。それをしっかりつかんでいけるよう、今の状況を充実させていければ」
「前向きに考えてる」
「待っていてくれるファンの為に自分は全力でステージに挑むつもりです。」
「俺らはライブがやりたい。きちんと面と向かってみんなに想いを届けられるのはライブ」
「個々に与えられたチャンスを掴む。」
「色んな壁があると思う。ぶつかると思う。それでも頑張ってきて欲しい。」
「俺からすればみんな1つのピース。KAT-TUNってパズルを完成させるのはあなた達の声です。存在です。」
「俺は止まらねぇから 俺を信じて 俺らを信じてついてきてください。幸せにします。」

4月
「人種関係なく楽しめたらな」
「日本から出てやるって、ちょっと怖いですけど、楽しみでもあるので、楽しんでやりたいな!って思います。」


5月
「地球にいます」
「みんなすごい盛り上がってくれたから、自分のやりたいことがきちんと伝わったんだなってホッとしたし、嬉しかった。」
「自分の夢のひとつだったから、決まったときは嬉しかった。」
「挑戦してみたい、ってすごく思った。」
「やるからには全力でやりたい。」
「どんな状況になっても俺は俺のやりたいことをやる。」
「あんまり不安にならないで。今までどおり、噂とかじゃなくてオレから発信される言葉を信じて。」
「オレ自身、このチャンスを逃したくなかったし、ただ今は与えられたチャンスに集中したい。」
「自分にとって今が一番いい時間なんじゃないかって感じてる。」
「自分の力をとことん信じて力の限り頑張ってきます!」
「いろいろあったけど“幸せだ”と俺は言いたい。」
「すべてを注ぎこまなきゃ、ソロライブをやる意味がないし、それこそが醍醐味だと思うから。」
「強い意志があれば、夢って叶うんだな。」
「どれだけ頑張ったかとか、あんまり人に言いたくない」

「俺はKAT-TUNだし、俺等はKAT-TUNだから。 やるしかないし、やるから見てろよ!」

6月
「For now, I have my shows in LA. I’d like to go all over the world, but to do that I need to hear your voices! So, send letters, go on Twitter. (laughs) If you can, come and see my shows. Let’s share my music and have fun together.(今回はL.A.だけど、世界中でもっともっとやりたいと思ってるんだ。でも、そのためにはみんなの声がすごく大切。だから、手紙とかツイッターで(笑)、みんなの力を貸ししてくれると嬉しいな。もし来れるなら、みんな見に来てくれたら嬉しい。みんなで音楽を共有して思いっきり楽しもうね!)」
「The concert was amazing.(本当に素晴らしいコンサートでした。)」
「スーパー Thank You.」

「俺なら出来ると期待してくれた大人達をガッカリさせたくないし、裏切りたくないって気持ちも強いし、100求められてんなら120で返したいって気持ちも強くて。」
「こんなに色んな事できるっていうのも見てもらいたかったし、妥協したくはないから。」
「全てのサポートが揃っている今、とにかくやれるだけのことをやっていただきたい。『今』は今しかないから。」
「道がどこに通じているかは、歩いていって確かめてみるしかない。」
「やらない後悔より、やってみてから考える‼そうすれば絶対に後悔する事はない。」

7月
「The life is beautiful.」
「ごめん。ありがとう。そして楽しかった。」
「みんな好きですよ。」


8月
「KAT-TUNを愛するその気持ちは、ひとつの熱いエネルギーになって、それぞれの血管を駆け巡っていたように見えた。」
「大きな痛みや哀しみを乗り越えてこそ見える景色がある。あの瞬間、彼らは、未来にもっと輝いている自分達の姿を、見たのではなかったか。」
「離れた場所にいても、それぞれが歌を歌い、それが、心に響き渡る。別々の道を歩んでいても、どこかで、心は繋がっている。」
「過去は振り返らない。前だけを向いて歩く。でも、かけがえのない思い出はずっと胸の中に。」
「赤西は赤西の道がある。」
「お互い成功できればいい。」
「これからもずっとハイフンでいてくれる?ありがと。じゃあ俺らもずっとKAT-TUNでいる。」

9月
「前から赤西とはよく話していたので頑張ってほしい」
「彼は友達。独自の世界観はスゴイと思う。『頑張って』と応援したい」
「俺のこと忘れないでね(笑)」
「We'll be together with you!」

10月
「口下手な彼だからこそ、音楽が、性別や国籍を超えた最高のコミュニケーションツールだと信じている。」
「両方応援してくれれば嬉しい」
「お互いに向上していければ」
「Doing concerts over seas has always been my dream.(海外でコンサートをすることは、ずーと僕の夢でした。)」
「I hope this is a chance for me to take my music world wide.(これを期に、僕の音楽を世界中へ届けられるといいな。)」
「これからどんどん活動していくので、だからみなさん応援よろしくお願いします。」
「自分の感覚で、自由に音楽やその空間を楽しんでほしい。」

「ずっと日本にいるファンにも会う機会が欲しいと話していた。」
「ちょっとぶっきらぼうな仕草も、まだ幼くも見える出し惜しみの笑顔も含めて、僕らは応援したくなってしまう。」
「自分の夢に向けていよいよ発進した彼の目の前は、金色にまばゆく輝いているに違いない」

11月
「赤西仁が作った舞台だ」
「半端でない仕事量と重圧があるはずなのに、彼はただ「楽しくやりたい」としか言わない。「その時、その時、やりたいことをしたい。」としか答えない。それを実践することがどんなに大変かは彼自身がよくわかっている。」
「このコンサートツアーのために、圧倒的な努力をされてきたのだとか。努力に裏付けされた自信はとても心地よく耳に響いた。」

12月
「毎回、ファンの皆様には感謝のひと言です。」
「意思と才能だけで彼がこの道を切り開いたわけではない。彼の本気と懸命さが、周りにいる人たちの心を動かしたのだ。」

スポンサーサイト

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     

コメント

Re: コメレス☆Rさん

Rさん、こんばんは。あけましておめでとうございます!

私なんかの言葉でRさんが少しでも元気になってもらえたなら、本当に嬉しいです。
3月25日から、常に前を向いていようと思いながら過ごしてきました。
特に6人それぞれの大きな挑戦の時には、絶対に前向きでいようと決めていたので、そんな風に過ごしていたら、ずいぶん気持ち的にも楽になった気がします。
6人みんな好きだ、って自分にとってこんなに当たり前のことも、迷ったり悩んだりしていると見失いそうな気がして。特に去年は激動でしたからね。
ここへ来てくれる方々の言葉やTwitterでの出会いに救われたこともたくさんあって、今こうして前向けているので、本当にRさん含め、みなさんに感謝です。

こちらこそ、いつも読んでくださって本当にありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
それではー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメレス☆イチゴさん

イチゴさん、こんばんは。あけましておめでとう!
去年は本当にお世話になりました。
たくさん会えて、いろんなところに行けて本当に楽しかったです。
ブログもいつも遊びにきてくれて、ありがとう。本当に嬉しかった。

凱旋ライブも、もうすぐだね。年明けてこんなにすぐにみんなで会えるの、嬉しいな。待ちに待ったライブ、思いっきり楽しもうね。みんなで一緒に「おかえりー!」って言おう(o^∀^o)

2011年も、イチゴさんにとって素敵な一年になりますように♪
それでは~。

No title

こんにちは♪こちらではまたまたお久しぶりです(><*)

MAMIさんの一年振り返り記事に、とっても心が温かくなったなぁ(^^*)
英語の和訳にしろ、日々全力でみんなを応援してくれている姿....。
そんなMAMIさんの行動に日々、感謝して、やっぱり尊敬するなぁ★☆
こうしてまた一年、MAMIさんのブログを拝見させてもらってたくさん学ばせてもらったし
こんなに愛してくれるファンがいて、彼らも本当に幸せだなっていっつも思う♪
こうして仲良くしてくれることも、本当にありがとう!!



それから追記に載せてくれた、名言も凄くジーンと来るね。
MAMIさんの胸にも響いただろうし、それをこうして改めて伝えてくれてありがとう。
みんながしてくれた熱い言葉がこうしてたくさんの人の心に残るメッセージになったら
彼らもまた喜んでくれるかな??(^^*)

2010年最後の日もMAMIさんらしくHAPPYに過ごしてね♪
どうぞよいお年になりますように!
来年もこんな私ですがよろしくお願いします。

改めまして、心からのありがとうをMAMIさんへ



拍手コメレス☆Hさん

Hさん、こんばんは。

ファンにとっても思い出深い「BANDAGE」が表彰されたことは本当に嬉しいですね♪私も何度も観ました。同じシーンで泣くこともありました。何度観てもナツもLANDSも素敵ですよね。
公開してもうすぐ1年ですが、きっとこれからも忘れられない作品ですね。また仁さんがスクリーンに登場してくれる日を夢見てます。

Joeyくんのダンス、本当に個性的で、魅力的ですよね。
お互いに支えあっていた印象が強いので、今度が最後の一緒のステージだと思うと寂しいですが、きっとまた素敵な再会をしてくれると思います。

Secre

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。