FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月22日 DREAM BOYS 【1幕レポ】

こんばんはー!

今日は9月22日のDREAM BOYSの1幕のレポを書きたいと思います。

MCレポはこちら→9月22日 MCレポ
(拍手ありがとうございます♪)

1幕の感想も長くなってしまいました(汗)
続きに入れますので、よかったら読んでやってください。

それでは、ちゃお~。

P.S.拍手コメレス遅れてしまってて、すみません><。




DREAM BOOYS 1幕

カズヤ…カ
コウキ…コ
ユウイチ…ユ
ジュリ…ジ
マコトさん…マ

ラストステージ
NEXT DREAM
最初の「WOW~~~~WOW WOW~~~♪」から、胸いっぱいになりますね。
写真のフレームのようになったステージの上に登場する、
カズヤ・コウキ・ユウイチの、キラッキラな白い衣装っていったら…もう眩しくてまぶしくて!
歌の前に、カズヤ→コウキ→ユウイチの順番で挨拶するんですが、
カ「みんな今日は来てくれてありがとう!楽しんで帰ってください!」が…
超俺亀梨で、本当にライブに来たみたいで、とてつもなく感激してしまいました。
この曲の、すっごく前向きな歌詞とか明るいメロディーが大好きだったので、
生で聴けてとっても嬉しかったです。

曲が終わり、ライブも終わり、勝運はアジアツアーも決まったと、ユウイチが報告。
ユ「やっぱりアジアだから言葉覚えていかないと!」
コ「俺、中国語しゃべれるよ!」
ユ「しゃべってみてよ!」
コ「@p..://\%T&YU'(チンジャオロース,j.;/o.,jo\.:」
ユ「え、それは、僕はマーボー豆腐とチンジャオロースが好きです。って言ったの?」
コ「違う違う、田中聖で~す!って。」
ユ「へぇ~、中国語だと意外と長いんだね~。」
客「笑」
早速アドリブだ(笑)

ユ「カズヤ、明日からも頑張ろうな!」
カ「明日はない。」
ユ「え、それどういうことだよ。」
カ「俺、辞めるから。」
コ「じゃあ、俺も♪」←ちょっ!どさくさ!
ここの聖が可愛い子ぶってて、お客さんクスクス(笑)

俺にも子供の頃があった
「When I was seventeen~♪」
なんて素敵な歌声~と思ったら、京様の息子さんじゃないですか!
まだ声変わりしてないんでしょうね~。
すっごい高い声で歌ってて、聴き入ってしまいました。

カ「そして俺たち3人は最悪な再会をはたす。」

撮影スタジオ
BOXING FIGHT
中丸のボイパーーー!
「DREAM BOYS TWO THOUSAND ELEVENNNNNN!!!!」って、超低音ボイスで言うんです。
KAT-TUN魂の「IN TOKYOOO DOOOOOM!!!!!」のときと同じ超低音ボイスで…。
中丸のこの声が大好きで、泣きそうでした。
そして素肌にジャケットに半パンな中丸が新鮮すぎて。

ONE NIGHT
マ「今回の映画の主役はカズヤ!」
今年は客席の上を飛べないから、ここでは左右にフライング。
金のキラキラなマントを被って、金の紙吹雪がヒラヒラ舞ってて、
それだけですっごく綺麗だったんですけど、
ガバァァ!ってマント脱いだら、亀ちゃんムキムキでびっくりでしたよぅ。
双眼鏡で見ながら、目がまんまるでしたよぅ。
真ん中で踊る主役のカズヤより、横で踊るユウイチを見ていました。すいません(笑)

桟橋
星の光る空
ステージだけじゃなくて天井まで照明で星空になるんですよね。
今年はアドリブなしでずっとシリアスでした。
マ「お金がないのよ。ユウイチさんには。」
ユ「借金の前借りっていう形で相当な額のお金をもらったんだ。」
カ「そういうことかよ。俺はやらないからな。」
終始頼りなさそうなユウイチの顔を双眼鏡でガン見。

コウキのジム
ANARCHIST
RAPが急に始まり、何一つ聴きとれないと思ったら
最後の最後「あとはお前次第だぜ~♪」だけ聴きとれた(笑)
ここがカッコよすぎて一瞬でメロメロに。
ロックなメロディーに、聖の声も超ワイルドなので、圧倒されました。
曲が終わるとセットが回転してじゅりのラップが入るんですけど、
その声が聖にしか聞こえなくて(笑)
よ~く見たらじゅりがラップしてて、ビビりました!さすが兄弟!
カズヤ・ジュリ・コウキと並んで、いつのまにか「愛しているから」歌ってる3人。

野球場
愛しているから
最初はカズヤの弾き語りで。
ジ「いい曲だね、その曲。誰が作ったの?」
カ「俺だけど。」
ジ「すぐにわかるウソつかないでよ~。」
カ「いや本当だから。」
ジ「一緒に歌ってもいい?」
カ「もう覚えたの?」
ジ「うん。俺天才だから。」
カ「ふふっ。兄貴そっくり。」
客「笑」
で…歌い始めるんですが、ジュリがカズヤの肩に手を置いて足を組む。
そして、最後にカッコつけて「ふぅぅ~うぉぅ~♪」と。
カ「お前、人の曲で「ふぅぅ~♪」とか言ってんじゃねぇよ!しかも、肩に手置いてんじゃねぇよ!」
ジ「ごめ~んね♪」
カ「早いんだよ!今、俺がしゃべってたでしょ!?!?」
ジ「ごめん。」
カ「もっとゆっくりいこう!ね!ゆっくりしっかりやってこう!」
ジ「わかった。」
カ「じゃあもう一回最初からいくよ?」
ジ「うん!」
カ「肩に手置いてんじゃねーよ!」
ジ「…ごめ~んね♪」
カ「よし!」
客「拍手」

カ「家族は大事だよ。朝ご飯作ってくれたり、~してくれたり、~してくれる。」
ジ「俺の兄貴なんて、金髪ガに股で「命はねぇぁらねぁ~!」とか言うんだよ、ただの輩じゃん!」
カ「まぁ、否定はしないけど。」
誰よりもお兄ちゃんをリスペクトしているのは知っているよ、ジュリ。

ジ「ゴホッ!ゴホッ!」
カ「大丈夫か?」
ジ「大丈夫。ただの風邪だから。」
カ「そういえばこの前もそんな咳してたな。」
ジ「もう治った。」
カ「はやっ!…そんなの人間じゃないだろ。…まさか…お前…人間じゃなくて…妖怪か?」
客「笑」
ジ「違うよ!妖怪はカズヤだけ。」
カ「そっかそっか。妖怪人間は俺だけか。」
ジ「そうだよ。」
カ「俺が妖怪人間だってことは内緒だかんな。べムとべラが聞いたら怒るからさ。」
ジ「べム?」
カ「あ、違う!べムとベロ?ちがっ、ベラとベロだ!ベム・ベラ・ベロ!べムは俺!よし!」

ユウイチのスタジオ
FILM
久々に聴きました!なんて爽やかな曲なの♪
ユ「なんか違うんだよな~。」
マコトさんから渡された「愛しているから」のデモを聴く。
ユ「すごくいい曲ですね。メロディーがいい!誰が作ったんですか?」
マ「実は作曲者に事情があって、今は教えられないの。でも、それも面白いと思わない?幻の作曲家の曲でデビュー!」
ユ「よし!これにしよう!アレンジは俺にやらせて!今日中に仕上げるから!明日から早速リハしよう!」←やっといい曲にめぐり合えて、やる気満々な中丸氏。

試合前
ユ「もう試合しなくていいんだよ!」
カ「自分がどれだけできるか試してみたいんだよ!」
ユ「何言ってんだよ!もういいんだってば!」←必死な中丸氏がすんごく可愛くて。

ファンファーレ入場
ここでS列の前を通るチャンプコウキ&カズヤ。
カズヤ側のT列だった私たち…とにかく近くて息止まってしまった。
フード被っててほとんど顔は見えなかったけど、
顔立ちの良さと、鼻の高さだけは確認しました!

試合
双眼鏡でガン見しました。
聖のストレートが亀の顔面に当たっていたとは、全く気付きませんでした。
途中、リングが空中に浮いてスローモーションになるんですけど、
ゆ~っくりパンチし合うその光景が、なんだか面白かったです。

サーカス
仮面の世界に迷いこんだカズヤ。
額縁フライング
これ松潤がやってたやつですよね!すごかったです!
額縁を360度歩いていきます。
3つ目の直角が一番大変そうでした。
THE AIR
腰を二本のロープで吊るされながら左右に移動。
そのままグルグルグルグル前に回っていました。
キューブ
今度はキューブの中を吊るされながらフライング。
上下逆さまになって開脚などなどしていました。

LOST MY WAY
棺桶が出てきた時点で、くるっっっっ!と思って、双眼鏡準備。
仮面を被って登場しました!黒いスーツ!
最初の「ダ!ダ!ダ!ダ!ダ!ダ!」で客席を端から端まで銃で撃つ!
とにかくダンスのキレが抜群で、見とれてしまいました。
毎回思うんです「亀ちゃんこんなに踊れるのか!」って。
ライブのソロではミディアムテンポな曲が多いので、
こういうガっツリキレのあるダンスを見ると、最高に惚れます。
そして「もっとこういう曲やってほしい!」と思ってしまいます。

途中の間奏では、赤く光る指揮棒を持って振っていました。
バックダンサーが操られている設定です。

「夜明けの~♪」から亀ちゃんを先頭に、千手観音のようなダンスがあるんですけど、
そこがカッコよすぎて、赤い照明に照らされる千手観音ダンスがカッコよすぎて。
きっとずーーーっと忘れられないと思います、あの光景。
本当に最高でしたロスマイ!

棺桶~水槽
棺桶からカズヤ・コウキと順番に出てきます。

バンジー2011
…と、パンフレットに書いてありました。
中国雑技団の大技「険勝好運舞空大回転」
もう本当に緊張しちゃって(滝汗)ず―――っと祈ってました。
一回目飛ぶ前に劇場が完全に無音になるんです。
そうするとカズヤの「フッッッ!」っていう声まで聞こえてくるんです。
それだけで緊張が伝わってきて、一回ずつ回るたびに息止まってた気がする。
最後は8回転!大成功でした!本当にカッコよかった!

会場外
カズヤが見つかってしまいチャンプチームの一人ともみ合いになります!
しかも相手はナイフを持っているーーー!
そこになんとユウイチが現れ、2人の争いを止めようともみくちゃになっている間に…
ユウイチが刺してしまった―――――――!
カ「ここはいいから、お前はスタジオ戻れ!」
ユ「でも、俺刺しちゃったよ!」
カ「いいから!デビューするんだろ!スタジオ戻れ!」
カズヤがかばってくれた(泣)
カ「何もかも引き受けてやろうじゃねぇかぁぁぁ―――!」
カズヤ――――――カッコいい―――――!




そして、1幕は終わりました。
終わった後はもう緊張がとけて放心状態…。
「すげぇ―――!」しか言えませんでしたよぅ。
1幕だけでこれだから、2幕終わったころには、なかなか立ち上がれませんでした。

とりあえず、今日は1幕まで。
明日は2幕の感想を書いて、DREAM BOYS レポ終了したいと思います。

読んでくださってありがとうございました!

スポンサーサイト

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

     

コメント

拍手コメレス

ikku:p
拍手ありがとうございます。長々と読んでくださって、ありがとうございます。劇場中も大爆笑のMCでした。

poohさん
poohさん、こんばんは~。いつもありがとうございます♪
すごい長いのに読んでいただけて嬉しいです!
3人とも絶好調のMCでした。やっぱりメンバー同士だとたくさんふざけてくれて、安心します^^
Secre

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。