スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月7日☆TEST DRIVE J to Us☆1部 レポ

こんにちは!ご無沙汰でした―_φ(ゝc_,・*)♪

仁のイベントに参加した後は、ひたすらレポを書いていました。
「忘れないうちに―――――!」と必死に書きました(汗)

本当に素敵なイベントで、ますます仁のことが好きになりましたよ。
終わった後は、生で見れただけで嬉しくて舞いあがっていたけど、
振り返ってみると、演出のひとつひとつとか、仁の言葉を思い出して、
こんなに日本のファンのこと思ってくれていたんだな…って、
つい泣きそうになりました。
それくらい、なんだかすごくアットホームな雰囲気のイベントで、
本当に幸せでした。

当日お会いしてくださったみなさんもありがとうございました!
名刺や、お土産までいただいて、とても嬉しかったです♪

1部と2部に参戦したので、
まずは1部からレポを仕上げようと思って、
今日やっと書き終わりました。
MCが本当に長かったので、レポも長くなってしまいましたが、
続きに入れたので、よかったら読んでやってください。

それでは、どうぞ~♪

P.S.またコメレスなかなかできなくてすみません><。
TEST DRIVE J to Us 11:00~

オープニング映像
バックミュージックが新曲でした!
レコーディング映像、MV・ジャケット撮影のメイキングなど。
この時点で何度も「可愛い!可愛い!」連呼してしまうほど可愛い笑顔いっぱいでした♪

TEST DRIVE
曲の最初のバー―ン♪で真っ赤な照明が当たって仁登場。会場は大絶叫!
衣装はベージュハット、黒ジャケット、黒Vネック。
生歌だったので、最初は緊張してるのか、ちょっと音外したりしていて心配になったんですけど。
Light is green~♪の後の間奏でまた歓声。
歌終わりもヒューヒュー大盛り上がり♪

Eternal
最初の前奏でもの凄いスモークが上がって、仁の姿がまったく見えずww
とりあえず「好きとか嫌いとか~♪」と歌いだしたけど、やっぱり気になり…。
仁「ちょっとストップ!止めてください!すいません。スタッフさん!」
ス「はい。」
仁「多すぎ!」
ス「ですよね。」
仁「もうちょっと減らしてください。」
ス「わかりました。」
仁「みなさんすいませんね。『Eternal』です。どうぞ」

~♪~

今度は全くスモークが出てこなくて、一応歌いだすんだけど…
仁「ちょっとすいません!」
ス「はい。
仁「少ない。」
ス「ですよね。」
仁「少なすぎるでしょ。」
デ「ですよね。」
仁「もっと、カッコよく歌いたいんですよ。だから、カッコよくしてください!」
ス「わかりました。」
仁「みなさんすいませんね何度も。それでは聴いてください『Eternal』」

~♪~

次は歌いだそうとした瞬間に炎。
仁「あっつ!」
ス「カッコよくって言われたんで。」
仁「カッコいいけど、バラードなんて。TEST DRIVEで炎ならわかるけど。」
ス「ですよね。」
仁「じゃあ、もう何もいらないですわ。」
ス「オケもなしで?」
仁「いやオケはありでしょ( ̄ー ̄;」
ス「ですよね。わかりました。」
仁「それでは、聴いてください『Eternal』」

やっとやっと真面目に歌うことができました。
最初は緊張してか、音響のせいか、声が小さかったですね。
後半になって徐々にでかくなっていきました。
最後のオルゴール部分では、ゆっくり会場全体を見渡していました。
曲が終わると、演歌歌手のように丁寧にお辞儀(笑)

MC
会場が真っ暗になった後すぐに明るくなり、MCスタート!
仁「はい!というわけで(笑) みなさんお久しぶりですL(●´ω`●)」
客「拍手」
仁「あ、明けましておめでとうございます!明けましておめでとうございましたー。」
客「拍手」
仁「みなさんに最後に会ったのは、いつだっけ?2月?」
客「17!」
仁「17!?」
客「神戸!」
仁「神戸!? いや、それはあなたの問題でしょ?」
客「笑」
仁「去年はほぼ映画の撮影とアルバムのレコーディングで8割海外にいたので。去年一回帰ってきたっけ?何してたっけ?」
客「サマリ――――!」
仁「サマリー見に行ったわ!あれ去年か!あと何してたっけ?」
客「&%$”#$%&?*‘+*」
仁「え?何?花火?花火……?まぁ、いろいろしてましたね。」

仁「俺、一人でしゃべるの苦手なんですよ。だから今までのコンサートでは、亮ちゃんとか来てたりしたんですけど。」
客「おお!」
仁「いや、今日は来てないですけど。」
客「えーーー!」
仁「いや呼んだんですけど、断られました(´・ω・`;)」
客「笑」
仁「『いやや!俺ヒマな人みたいやん!』って(笑)」
客「笑」
仁「でも、今日は助っ人を呼んでいます。デーブさんっていうんですけど。その人と一緒にやりたいと思います。」

質問コーナー
まずはデーブさんからの質問攻め!
Q.なんでLAを選んだ?
仁「いや、前に留学してたし、まぁここでいいかな♪と思って。」

Q.気温とかどれくらいなんですか?
仁「にしきど!( ̄ー+ ̄)ドヤァ」

Q.料理とかするんですか?
仁「ほとんど外食ですね。」
デ「料理しないんですか?」
仁「いや、料理はできるんですよ!上手いんですけどしないんです。外食ばっかりですね。」

Q.じゃあ、LAでオススメのレストランあります?
仁「権八!」
デ「ごんぱち?」
仁「権八知ってますよね?え!知らないの!?」
客「(*´-ω-`)しーーーん。」
仁「うっそお!え、今日地方から来た人とかいます?」
客「はーーーーーい!」
仁「うわ、こんなにいんの!!!!地方の人たち、権八知らない?」
客「(*´-ω-`)しーーーん。」
仁「えーーーーーまじで!」
デ「そこのオススメは?」
仁「ウニシューターっていう、ウニのショットがあるんですよ。ウニとお酒の。」
デ「ウニとお酒ですか。」
仁「でもお酒抜きもできるの。それを5杯くらい飲むと気分悪くなります。」
デ「日本食以外は?」
仁「イン&アウトっていうハンバーガー屋さん。」
デ「あ~。」
仁「フレッシュ!ナチュラル!みたいなのが売りで、いつも並んでるんですよ。」
デ「おいしい店いっぱいありますもんね。」
仁「あとは俺ん家ぐらいですかね( ・´ー・`)ドヤァ…」
デ「(くい気味に次の質問を聞く)」
仁「ぶっ`;:゛;`;・(゜ε゜ )」

Q.あっちで映画とか観ましたか?
仁「観ましたよ!『TIME』ジャスティン・ティンバーレイクの。」
デ「どんな映画なんですか?」
仁「ドラマみたいな。」
客「???(。´-ω・)ン?ドラマ?」

Q.ぶっちゃけなぜソロになったんですか?
仁「なぜっていうか、KAT-TUNって、元から結構バラバラだったんですね。だから、自然と気づいたらこうなっていた感じです。やりたいことの軸がずれて。やりたいことの方向性も違ったので。それにずっと人が作った曲を歌うより、自分で歌う曲は自分で作りたかったから。」

Q.ソロになって寂しいなと思うことはありますか?違いとか。
仁「寂しくはないですけど、グループだとミスしてもカバーし合えるけど、ソロだと全部自分の責任になるので。」
デ「責任取りたくない?」
仁「いや、取りますけど(笑)」

Q.47RONINのストーリーは?
デ「仁くん映画に出るんですよね。『47RONIN』」
仁「おお、やっぱり声カッコいいですね。俺もそんな声になりたいなぁ。生まれつきその声なんですか?」
デ「はい。」
仁「じゃあ、生まれた時もその声で出たきたんですか?」
デ「そんなわけないでしょ!47RONINのストーリーは忠臣蔵がベースなんですよね?」
仁「そうなんです。ベースは忠臣蔵なんですけど、日本のみなさんには忠臣蔵として観てほしくないんです。ファンタジーなんで。」

Q.ハリウッド映画に出るのは初めてですよね?
仁「初めてです。」
デ「仁くんが演じたのは?」
仁「大石主税っていうキャラクターです。」
デ「どんな役なんですか?」
仁「えーっと、リーダーの息子です。真田さんの。」←大石内蔵助が思い出せない。

Q.キアヌ・リーブスと共演したんですよね?
仁「キアヌの役はハーフの役だから、血が混じってるから、みんなから避けられるんですよ。こんなヤツ!って。で、カイは離れて一人で立って蚊帳の外なんですよ。主税はカイを唯一理解してる親友です。」

仁「わかった!俺これからMCの勉強するわ!」
客「そのままでいーよー!」
仁「ほら、そーやって甘やかすから・:*:・(*´エ`*)・:*:・」
客「笑」

撮影はロンドンとブタペストとLA。ブタペストはどうでしたか?
仁「すごい綺麗な街でした。歴史的で。」
デ「また行きたいと思いますか?」
仁「全然思いますよ。」

LAからの質問
Q.LAでのレコーディングはどうでしたか?
仁「楽しかったです。天気も良いし、可愛い子いっぱいいるし、仕事の環境もよくて。」
デ「アルバムはどんな感じですか?」
仁「ジャンルにとらわれず、色んな曲を歌ってますね!」

Q.アメリカで影響を受けているアーティストはいますか?
仁「アメリカのアーティストはみんな好きだけど、特にリル・ウェインとか、ニッキーとか、ヤングマネー、マイケル・ジャクソンは大好きです!リル・ウェイン知ってる人?」
客「(@`▽´@)/ はーーーい。」
仁「あ、そこのお母さん知らないでしょ?」

日本からの質問
ここで仁がどれだけ漢字読めないか、これでもかというほどわかります。
質問の紙に書かれた漢字が、まぁ読めないこと。
あまりの読めなさに、何度会場がざわついたことか。

仁曰く…
仁「いや、漢字は知ってるんだよ!? ただ、音読みか訓読みかわかんない。音か訓か、どっちだ?っていう…何が音で何が訓なのか…てか、音って何なのか…。」
ほらね、もうお手上げですよ…ただのアホだよ(笑)

Q.梅干はカリカリしたのとブヨブヨしたのとどっちが好きですか?
仁「普通に喰う時はカリカリしたので。普通にってそのままだよ。で、焼酎に入れるのはブヨブヨしたの。あ、焼酎に硬いの入れねえか。」

Q.お休みの日は何してますか?
仁「友達と遊んでます。はい次!」

Q.なんでいつもハットとかサングラスをしてるんですか?
仁「なんで、僕が、ハットやサングラスをしているのかと、言うと……なんで、僕が、ハットやサングラスをしているのかと、言うと…」
客「笑」
仁「これにはちゃんとした理由があるんですよ。安心するんです。だから、初めて会う人の前とかでは、身に付けてると守られてるって感じがして安心するんですよ。」
客「えーーーー!!」
仁「…じゃあ、みんなブラジャー外してよ━[○・`Д´・○]━!」
客「は?笑」
仁「ブラジャー取ってって言われたら外せる?外せないでしょ!?俺にとってはブラジャーみたいなもんなんだよ!俺はブラジャー着ける派なんですー!!
客「(; ̄ー ̄A 」←もはや呆れるしかない。
仁「よし、完全に俺の勝ちだな。」
この後、もう一回同じ質問があり、また同じ答えをww

Q.泣いても笑っても一日は一日、どうせなら笑って生きよう。ダメだと思ったらまだ半分。すごく好きです。他に座右の銘はありますか?
仁「いや、そんなないんですけど『ダメだと思ったらまだ半分』って、ホントに効くんですよ。もうダメだ…って思ってても、この言葉思い出すとだいたいのこは出来ちゃうんですよ。だから、うあぁブラジャー取りたい!って思った時はこの言葉思い出してね(笑)」

Q.これかや挑戦してみたいこと・やってみたいことはなんですか?
仁「挑戦したいことは…スカイダイビング。死ぬ前に一回やってみたい。あそこから飛んでみたい。次、やってみたいこと!やってみたいこと?挑戦したいこととやりたいことって一緒じゃね?」
客「笑」
仁「( --)o-( *゚ロ゚)違いますよ!挑戦したいこととやりたいことは違いますよ。」←自問自答?
客「???」
仁「やってみたいことはね…あ、クラブツアーとか。してみたい!みんなベロンベロンに酔って楽しそう。よし考えておきます。」

Q.今後は海外メインになっちゃうの?
仁「去年はたまたま映画の撮影が5カ月あって、アルバムのレコーディングも決まってたから2ヶ月間。だから海外にいなきゃいけなくて。行く前にも言いましたけどぉ!日本を拠点に世界にも目を向けていこうと思ってます。」

Q.最近は年の差婚がハヤッていますが、仁君はありですか?
仁「年の差婚って、どれくらい離れてるの?」
客「~=)’&%”#$%&’」
仁「え?15?ってことは、10代のときに30代と結婚するってことか。でも、ありかな。そんなに気にならないですね。」

Q.お酒いっぱい飲むとどうなるんですか?
デ「明るくなる?」
仁「明るくなります。俺泣いたりしないんですよ。ひゃ~ってなります(*ノω<*)」

Q.どうやったら英語上手くなりますか?
仁「バカになることじゃないですか?好きになること。」
デ「どうやって勉強してるの?教材とか使ってる?」
仁「一回も使ったことなくて。全部会話ですね。あと洋楽とか、好きなアーティストの曲を聴いてて、わかんない単語があったら調べたりしてたら自然と。」
デ「音楽ですか。」
仁「だからみんなも俺の音楽たくさん聴いて、わかんない単語とか文とか調べたりしてたらしゃべれるようになると思いますよ。」

Q.英語で歌うの難しくないですか?
仁「最初はやっぱり大変でしたけどね。やっぱり日本語とは違うし、英語だと単語の…どのアルファベットの部分で伸ばせばいいのか、とか…。わかります?」
客「……(o゜ー゜o)?」
仁「だから…単語の……」
デ「次行っていいですか?」
仁「いや、ちょっと待ってこれだけ言わせて!だからね…………」
デ「………」
客「………」
仁「………」
デ「さあ、次行きましょう!」

2ndシングル
デ「Sun Burns Downってどういう意味ですか?」
仁「だから、日が暮れるまで、セックスしようぜ!っていう。」
客「笑」
仁「いやホントに!だって、Make loveってセックスするって意味だから、ホントに!なになにみんな(最近うちのダンナは…)とか思ってるんでしょ。」
デ「余計なお世話です。」
仁「キャハハ!デイブさんは大丈夫ですか?デイブさんのデイブは?」
デ「ほっといてください。仁くんは?」
仁「ボクのデイブですか?」

Sun Burns Down
イントロからステージの照明たちがすごく良かったです!
そしてこの歌も生歌!日本語より英語の方が歌いやすそうだったな~。
間奏のダンスが本当にカッコよかった!ここで大歓声!
サビも一回聴いただけで覚えちゃうくらい覚えやすいです。

デ「今日はみなさんにサプライズがあるんですよね?なんと!このイベントが終わった後に、みなさんと握手?」
客「ギャーーー!(゚Д゚;ヾ)ヾ(;゚Д゚;)シ」←今日一の大絶叫
仁「いや、握手でわないんですけど…会場の外でお見送りをしようかな、と」
客「ギャーーー!(゚Д゚;ヾ)ヾ(;゚Д゚;)シ」
仁「今日はコンサートではなくファンイベントなので、普段やらないことをやろうかな~と。」

仁「次の曲は『SEASONS』っていうんですけど、歌の前に、このMVで共演したカトリーナちゃんとのメイキングを、CDの特典にも入っていない映像を見てもらいたいと思います。」

『SEASONS』メイキング
たぶんメイキングじゃなくて、仁がカトリーナちゃんと約束していたサッカーをやった日の映像ですよね。
もう本当にカトリーナちゃんが可愛くてね…。
仁もすごい優しくてね…。
本当に親子みたいでした。

SEASONS
やっぱり日本語だと声が小さいような…ありゃりゃ。
後ろの大きいスクリーンに素敵な映像と一緒に歌詞が映し出されてて綺麗でした。
CDTVよりはのびのびと歌えていたし、最後にこの曲を聴いてほっこりして終われた感じがします。

仁「みなさん、いいですか?『押さない、ちょっと駆ける、しゃ・・・べる』それでは、また後で!」

そして、お見送り。
まずはつーこさんがご挨拶をしてくれて、
仁のこと理解してくれていて、まるで仁のお母さんのようでしたよ。
退場は座席順にスタッフさんが誘導してくれました。
仁は座ってお見送り。座ってたから、目線が少しでも低くなって良かったかな、と。
ずーっとずーっといろんな方向に手を振ってくれていました。

一人一枚ずつ、ポストカード風のカレンダーも配られました。
つーこさんによると「今年1年間も俺のこと忘れないでね♪」
…という想いが込められているようです。




はいー、1部やっと終わりました!
順番はごちゃごちゃですし、抜けている部分たくさんあるし、
1部と2部のレポを同時進行で書いているので、
若干両部のが入り混じってることもあると思いますが、
とりあえず、覚えている限りすべて書き起こしましたよー!
これからも思い出したら、その都度書き足していこうと思います。

ここまで読んでくださったみなさん、ありがとうございました♪

それでは、2部のレポも頑張るぞー!
スポンサーサイト

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     

コメント

拍手コメレス

千歳さん
千歳さん、拍手ありがとうございます!お返事遅くなりました><。
去年も今年も私のブログ読んでくださって、ありがとうございます!今年も私に出来ることがあれば、積極的にやろうと思います。
またディズニーの写真も載せますね♪

Re: 鍵コメレス☆Yさん

Yさん、コメントありがとうございます!
お返事遅くなってしまってすみません><。

レポ喜んでいただけて嬉しいです。
今回のイベントはとても大切な思い出になりました。

次は凱旋ツアーですかね♪
みんなで騒げる日が待ち遠しいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。