スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nichi Bei: Moving to the international rhythm of Jin Akanishi【和訳】

こんばんは~♪

今朝からWSやWEBで全米ツアーの話題が上げられてましたね☆ミ

JIN AKANISHI、全米<JAPONICANA TOUR>大盛況
BARKS
JIN AKANISHI(赤西仁)2度目の全米TOURとなる<JAPONICANA TOUR>が3月9日ロサンゼルスClub Nokiaを皮切りにスタート、日本時間3月17日(土)18時にバンクーバー公演、ホノルル公演、NY公演を経てサンフランシスコ公演にてグランドフィナーレを迎えた。

当<JAPONICANA TOUR>ツアーのコンセプトは、感情と動きを出来るだけリアルに表現し、そして何の制限もつけないことにある。アメリカでのデビュー・アルバムだからこそ、赤西自身と赤西の音楽を中心におき、エネルギッシュなダンス・トラックをダンサー6名との連携で表現している。

赤西本人が“会場と一体になってとにかく楽しむこと”を最大のテーマとしており、ファンが共感してくれることが一番重要なことと語っていたものだ。その思いに応えるかのように、ツアー中に米ビルボードのダンスチャートではアルバム『JAPONICANA』は10位をマークし、着実に米国リスナーの心を動かしてきた。

最終日のこの日は、「Sun Burns Down」のイントロで幕が開き、6人のダンサーが現れると会場は大きな歓声に包まれた。曲途中に白いサングラスを掛けたJINがステージに登場。今回のライブの見せ場の一つであるダンスのシンクロも決まり、早くも会場のボルテージは最高潮を迎えた。畳み掛けるように2曲目「Tell Me Where」では曲間にご当地挨拶MCがアドリブで入り、どの会場でも大ウケとなっている。一通り会場のオーディエンスを温めたところで、「Set Love Free」「Body Talk」「Like You」ミッドテンポ~バラード曲が続き、しっとりとしたダンスと歌をしっかり聞かせる。前半ラストはパーティー・チューン「Pin Dom」で締め。

途中、インターミッションが入り、ダンスのセクシーさが際立つ「What's That She Said」で幕開け。曲途中でドリンクとiPhoneを片手に、客席を動画撮影しながらJIN再登場。ダンサーとの絡みが刺激的で、思わず客席から悲鳴に近い歓声が上がる。そのまま一気に「Aphrodisiac」に突入し、JINの熱いシャウトがオーディエンスを扇動。全米デビューシングル「Test Drive」、続く力強いパフォーマンスの「Yellow Gold」で、いよいよライブも佳境を迎える。ストーリー仕立てで、JINと楽しげなダンサーとの絡みが見れる「Oowah」を挟んで、LAのみで披露された「Club Mix」では、ゲストMCのProphetとJINのフリースタイルが。本編最後は「California Rock」で、客席も興奮の坩堝へ。アンコールではJIN流に感謝の気持ち込めて「Seasons」を届けた。

「ツアー中は、とにかく時間の経つのが早かったです。まだまだやれそうな感じです。これからアジアとか、ヨーロッパとかも。今日来てくれたお客さんはもちろん、このツアーに来てくれた方、日本からわざわざお越し頂いた皆さま、全ての方に感謝です。“ありがとうございます”」──JIN AKANISHI

3月7日(水)に日米同時発売を果たした全米デビュー・アルバム『JAPONICANA』は、US iTunes Dance Albumチャートで最高位2位を記録、米ビルボードdance/electronic album chartでは初登場10位(3/24付)をマークするヒット作となった。この<JAPONICANA TOUR>ではアルバム収録の全楽曲を全公演で披露し、2度目となる全米TOURは大盛況のもと終了となった。

凱旋ツアーも、アジアツアーも、ヨーロッパツアーも、叶ってほしいなぁ(人´㉨`)♡

WSでは『SUB BURNS DOWN』の映像がたくさん使われてたかな???
ライブ映像に加えて、舞台裏の映像や、インタビュー映像もちょろっと流れたりしましたね。
ぜひぜひまとめてDVDにしていただきたい…!゚+。(o・ω-人)・.。*

なんか本当にあっという間に全米ツアーが終わってしまって、
始まった感覚も、終わった感覚も、全く感じないんですけども。
(たぶん、参戦してないからだと思いますけどww)
Twitterの賑わいで、現地の様子を知ることができてホントに良かったな…と思って。
これから、仁はちょっとはお休みできるのかな?ゆっくり休めてるといいな♪

『JAPONICANA』ツアーは終わっちゃったんですけど、
インタビューがまだいくつか残ってるので、訳しちゃえ(^□^*)!!
オーラスのサンフランシスコ公演前のインタビューです♪
Nichi Bei
続きに入れるのでよかったらどうぞ♪






Nichi Bei: Moving to the international rhythm of Jin Akanishi

Nichi Bei Weekly: With your English album releases, do you come to the U.S. often now?
英語のアルバムリリースの準備で、何度もアメリカには来てるんですよね?
Jin Akanishi: Yes, I have been in the U.S. a few times. I come here more often since I had to record the album and rehearse for the concert tour.
そうですね、もう何度も。アルバムのレコーディングとか、ツアーのリハーサルがあったので。

NBW: Is your main market still in Japan, though?
でも活動のベースは日本なんですよね?
JA: I know I got a strong base in Japan, but I realized from my travels that I have fans everywhere. That is really cool.
もちろん日本でもたくさん活動したいと思います、でも海外に渡ってみてわかったんです、僕のファンは世界中にいるんだ、って…それってすごいことじゃん、って。

NBW: What’s different about the fans over here compared to those in Japan?
日本とアメリカのファンに違いはありますか?
JA: I appreciate all of my fans. I remember from the “Yellow Gold Tour,” the fans here danced more. My fans in Japan dance to my music too, but I think they focus more on the music.
ファンのみなさんの応援には本当に感謝しています。前回の『YELLOW GOLD TOUR』ではたくさん踊ってくれてましたね。日本のファンもノってくれるんですけど、もっと音楽を聴く方に集中してる感じがします。

NBW: How is working in the U.S. different from working in Japan?
それじゃあ、日本とアメリカの活動の違いはありますか?
JA: Main difference is language, but I think the music industry is pretty much the same.
一番の違いはやっぱり言葉ですけど、音楽業界の仕組みはほとんど同じだと思います。

NBW: With San Francisco being your last stop for the “Japonicana” tour, will you spend some time in San Francisco afterward? Was there anything in particular you wanted to see or do here?
サンフランシスコが『JAPONICANA』ツアー最終地ということですが、ライブ終了後も少し滞在したりする予定はありますか?どこか行きたい場所とか、何かやりたいこととかあります?
JA: I’m not sure. Hopefully, but I doubt we’ll have time. I’m not really familiar with San Francisco, so anything would be great to see.
いや~わかりません。時間があったらいいんですけど、たぶんなさそうだし。サンフランシスコのことはまだあんまり知らないんで、もし時間があったらいろいろ行ってみたいし、してみたいです。

NBW: Your English sounds really good from various recent interviews. Have you been taking lessons?
最近のインタビュー見てて思うんですけど、すごく英語の発音キレイですよね。レッスン受けたりしたんですか?
JA: Actually, no [laughs]. It’s not perfect, but I’m getting used to it more now. Hopefully, I can get better at it.
いや、レッスンは受けたことはないです(笑) まだまだ完璧ではないんですけど、たいぶ慣れてきました。でも、もっと上手くなりたいです。

NBW: You said you look up to artists like Lil Wayne; do you have any potential future collaborative efforts in the works with him or any other artists?
リル・ウェインを尊敬してるって言ってましたよね、将来彼や他のアーティストとコラボしたいと思いませんか?
JA: Maybe, that would be really cool.
はい、叶ったらすごい嬉しいですね。

NBW: With your singles “Test Drive” and “Sun Burns Down” taking No. 1 on the Dance charts on iTunes, how do you feel about the success?
シングル『TEST DRIVE』『SUN BURNS DOWN』と連続でiTunes ダンスチャートで1位獲得ということですが、今どんな気持ちですか?
JA: I’m just thankful to my fans and their support. I do it for them.
ファンのみなさんの応援に感謝の気持ちでいっぱいです。みなさんのおかげで1位を取ることができました!

NBW: What’s the meaning behind the title “Japonicana?” I understand it’s a mix of Japan, America and Spain, but what influenced you to use those three countries in particular?
タイトル『JAPONICANA』は『JAPAN』と『AMERICA』、スペインの女性名詞を組み合わせて作ったのはわかるんですが、この3つの国を組み合わせた理由は何だったんですか?
JA: I named it “Japonicana” because I want anyone, anywhere to enjoy this album. Since music is international, I want my music to be international too. I don’t want to limit it to one country. It also has the Latin feminine noun “na,” meaning the album is a girl.
いろんな国の、いろんな人種の人にこのアルバムを聴いて楽しんでもらいたかったんです。音楽が世界共通であるように、僕の音楽も世界中の人に聴いてもらいたくて。一つの国に絞らずに。あとラテンの女性名詞『na』を付けたのは、アルバムを女の子のようにしたかったからなんです。

NBW: Finally, do you have anything to tell your fans in and around the San Francisco Bay Area?
最後に、サンフランシスコ・ベイエリアのファンにメッセージはありますか?
JA: Hey San Francisco! Thanks for your support. I hope to see you all there at the Regency Ballroom on March 17th!
みなさんこんにちは!いつも応援してくれてありがとう。17日にRegency Ballroomで会えるの楽しみにしてます!




サンフランシスコ公演前のインタビューだったみたいなので、
本当にほんの何日か前のインタビューですね。
そう考えるとなんか…すごいフレッシュな感じが。

海外でライブをしてみて、海外のファンにたくさん会ってみて、
ますます自分の世界が広がるんだろうな。
いや、きっとKAT-TUNの頃から、もうすでに世界中にファンはいたんだけども…(汗)
ソロになってから、洋楽をメインで歌うようになって、海外に進出してから、
やっと仁の存在を知って、興味を持ってくれた人もいっぱいいるだろうし。
アジア・ヨーロッパにいるたくさんのファンにも、他の国のファンにも、
近いうちに会いにいってあげてほしいなぁ♪
スポンサーサイト

テーマ : 赤西仁
ジャンル : アイドル・芸能

     

コメント

Secre

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。