スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAT-TUN LIVE Tour 2012 “CHAIN” 全公演終了!

KAT-TUN LIVE Tour 2012 
CHAIN
全公演無事終了!
KAT-TUNのみんな、
バンドのみなさん、
ダンサーのみなさん、
スタッフのみなさん、
全国のハイフンのみなさん、
お疲れ様でした―――――!


いやー、終わっちゃいましたね。ホントに終わっちゃったんだね。
本当に本当にあっという間だったな~…。
2ヶ月半で全国12か所ですよ!
1ヶ所2、3公演で、公演数はいつもより少なかったけど、毎週のようにライブだったもんね!
KAT-TUNもハイフンも全力でしたね。

私は、大阪、福井、東京、5公演参戦しました。
5公演も入ったのは、ファンになって初めて。
でも、毎公演新鮮な気持ちで参戦することができたし、
どの地方の、どの公演も、違った色があって、
いろんなこと感じることができた5公演でした。

3月3日の大阪。
2年ぶりのKAT-TUN魂だったもんで…
(2年ぶりのライブ楽しまなきゃ!)っていう気持ちと、
(どんなKAT-TUNに会えるんだろうな~。)っていう気持ちと、
期待と緊張と期待で(笑)、ホントに胸がいっぱいでね…。
早く会いたい―!早く始まれ―!って心の中で叫んでました。

「やっと会えたぁ」
安心してオープニングで泣いてたな。
スクリーンがゆっくり開いて、5人のシルエットが見えて、大歓声が起こって…
この瞬間をずーっと待ってたから。たまらなかったな…あの感動。

ドームクラスのライブでは、ついつい会場を見渡してしまうんだけど、
(こんなにたくさんの人達が、ずっとKAT-TUNを待ってくれてたんだ…)
そんなこと思ったら、またさらに安心しちゃって。
初の大阪参戦だったけど、なんだかすごく居心地良くて、安心したライブでした。

やっぱり市ヶ谷の魅力もたくさん学べたことが大きくて♪
やっぱり市ヶ谷は、どんなシンメよりも、見てナンボなシンメだと思いました。
見て感じるパワーが凄かった!2人ともすごい存在感あった!
ダンスだったらどのシンメにも負けないと思います。
市ヶ谷の魅力に気づけたおかげで、ライブの見方が変わったり、
今までとはまた違ったライブの楽しみ方を発見することができたりして、
私の中ですごくそれは大きかったんですよね。

3月16日の福井。
ライブ前に福井を観光してたとき、なんて温かくて穏やかなんだろう…って思ってたんです。
時間がゆっくり流れてるような街。
バスの運転手さんが「道間違えちゃったからちょっと戻ります~。」って平気で言っちゃうようなww
乗ってる方もついつい昼寝したくなるようなww
自分の地元にも似た感覚で、のほほ~んとしてて。

ライブでは、その温かさの中に、さらにもの凄い熱さが加わって、
KAT-TUNも凄いんだけど、ハイフン“も”凄かったんだ!
これまた新しい感覚。
「ハイフンってすげ――!」って感じたのは…カツンナイト以来かな。
5人みんな同じくらい愛されてるのが、声援を聞くだけでビンビン伝わったし、
自分もハイフンだけど、なんか誇らしくなちゃったもん!
ハイフンのことも、その中にいれる自分も、こんなに愛されてるKAT-TUNのことも。

そうやって、福井に集ったハイフンの攻めのパワーに圧倒されながら、
KAT-TUNをもっともっと近くに感じることができて、
KAT-TUNとハイフンの心の繋がり(CHAIN)も感じることができて、
会場が狭くても、キャパが少なくても、パワーはド迫力でした!
最初から最後まで、一気に駆け抜けたライブでした。

そして、東京3days。
とにかく「東京ドーム=ホーム」って言葉がピッタリなライブで。
KAT-TUN自身も、ハイフンも、どっか爆発してた。
「ただいま!」「おかえり!」なんてレベルじゃなくらい、
お互いが全力で攻めて攻めて、ぶつかり合ってる感じがした。

同じドームでも京セラとはまた違った印象を受けたし、
ツアーを回りながら、回数を重ねて、ファンと触れ合って、
たった2か月半で、グループとしてもの凄い成長を感じることが出来た。
今年は東京がツアーラストの地ではないんだけど、
ツアーの完成形を見れた気がした、そんな東京ドーム3日間でした。

目に見える成長だけじゃなくて、目に見えない部分の成長もね…
ファンとの距離とか、メンバーの関係とか、
歌からも、ダンスからも、ふとした会話からも、すべて伝わったよ。

やっぱり、聖の「改めまして…これがKAT-TUNです。」が一番印象に残ってて。
「改めまして」っていう一言がすごく響きました…
(聖のその顔が見たかった!その言葉が聞きたかったんだよ!)
あの時の誇らしげな顔はずっと忘れないわ。
「ハイフンで良かった!」って、心の底から思いました。

この順番でツアーに参戦したのは、偶然だったんだけど、
大阪→福井→東京と回れて良かったな!って、今振り返ると思います。

今回のツアータイトルは『CHAIN』
メンバーとファンの繋がり。
メンバー同士の繋がり。
ファンとファンの繋がり。
みんなで一つになることがテーマ。

素直に…
今年のツアーが今までで一番楽しかったし、
終わって寂しい!って、こんなに思えるツアーも初めてだし、
KAT-TUNも、ハイフンも、みんな愛しい!って、こんなに深く思えたのも初めてです。
ただただピュアに「KAT-TUNみんな大好き!」「ハイフンで幸せ!」って自信持って言える、
こんな未来を私はずっと待ってたんだろうな、って。

今年のツアーで学んだことがたくさんありました。
「愛」「仲間」「希望」「夢」「笑顔」
全部KAT-TUNとハイフンが教えてくれました。
大切な大切な、忘れられないツアーになりました。

仁のファンでもあるからね…それだけでいろんな偏見を持たれてると思うんだ。
「仁のファンなのに?」とか「仁がいないのに?」とか、ホントによく言われるし、
客観的に見たら、おかしいって思われちゃうのかもしれない。
でも、そういうことじゃないんだよ…そういうの、もう関係ないんだよ。
仁がいなくてもいいの。もういなくていいの。
5とか、6とか、もうそんなことどうだっていいの。
「KAT-TUN」っていうグループが大好きなだけ。
みんなが大好きなだけ。

今まで以上に輝いてる「KAT-TUN」が大好きで、
どんどん成長していく「KAT-TUN」が大好きで、
そんな「KAT-TUN」を心から応援したい。
その気持ちさえあれば私は十分だから。

だから、ずーっとハイフンでいます。
これからも。いつまでも。
来年も、再来年も、何年後も。
KAT-TUNとハイフンで、素敵な思い出たくさん作りたい♪

ありがとう、KAT-TUN!
ありがとう、ハイフン!

KAT-TUN LIVE Tour 2012 "CHAIN"
最高でした!

スポンサーサイト

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

     

コメント

Secre

     
プロフィール

MAMI

Author:MAMI
Age: 23
Blood type: A
Birth date: Feb 21
From: Chiba
Occupation: Student
Team: BUNS

♡LOVE♡
JIN AKANISHI
KAT-TUN
TAKARAZUKA
DISNEY

リンクフリーではありませんが、
お友達、相互リンクはいつでも募集中です。
お気軽にお声かけてください♪

※コメントは管理人承認制になりました。
こちらもいつでも大歓迎です。
お返事は必ずさせていただきます。

※拍手コメントもお返事させていただいております。
お返事は拍手コメントをくださった記事の“次の記事”の「コメント欄」に書くようにしています。
そちらをチェックお願いいたします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆MAMIへメール☆
クリックしてメール送信画面へ♪
love_letter.gif
カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
★参加中★ポチッとお願いします★
ジャニーズブログランキング All Johnny's Fan ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。